青色の財布で運気を変える?お金を生み育てる~濃い青と淡い青~

空と海真っ青な空、海の色。

青色といえば爽やかでクール、そして知的なイメージもあるので、とても好感度の高い色です。

「あなたの好きなのは何色?」

と質問されて「青」と答える人はきっと相当数に上るのではないかと思います。

また、青には「若さ」というイメージもありますから、青い服を着ると元気で若返ったような気分になります。

スポーツウエアなどでも、青を選ぶと気持ちが引き締まった気分になるのではないでしょうか。

サッカー日本代表の公式ユニフォームも青。

くっきり鮮やかな青をデザインしたサムライブルーは、力強くストイックなイメージで、緑の芝生に映え、かっこいいですよね。

日本各地にあるJ1、J2サッカーチームのユニフォームに青が多いのもわかる気がします。

 

青色の活用

精神を落ち着かせる食欲を抑制する色としても知られています。

ダイエットに青い食器を使うという女性もいらっしゃるのでは?

精神を落ち着かせてくれる色でもあるので、安眠や良い睡眠を促すパワーも持っています。

寝室のカーテンやシーツなどに使われることも多いようです。

それにプラスして、安定感や冷静さなどが必要なビジネスシーンでも効果的なイメージを示すので、仕事運と才能を高め、役立つ情報を運んでくれるパワーにつながります。

企業のホームページで青が使われることが多いのは、意識しているとしないにかかわらず、そういった気持ちが働くからと言われています。

ビジネスシーンでは様々な場面にブルーを取り入れると良い効果があると思われます。

また、風水では淡い青と濃い青とは別の色として考えています。

濃い青は黒に近い意味合い(閉鎖的など)を持つこともありますから、少し注意が必要かも知れません。

 

風水における青色の意味と効果

樹木風水において、青い財布の意味と効果とは一体なんでしょうか?

空や海の色でもある爽やかな青。

クールで涼しげ、そして流れる水のイメージを持つ青い色ですが、別の一面も持っている色なんです。

風水を考える時には絶対欠かせないのが《五行思想》ですね。

五行思想の中で表される要素は、「木」「火」「土」「金」「水」の5つですが、それぞれ陽と陰の意味を持っています。

例えば「陽の木」は天に向かって伸びる大きな樹木、「陰の木」はツタなどのつる草などを意味しているのです。

風水によると木の要素が持つ色は青、方角は東、季節は春です。

青い色が持つイメージは爽やかでクールな感じですが、風水ではむしろ暖かい春のイメージになります。

「青春」という言葉はここに由来しているそうですよ。

 

青色の財布はお金の流れをもたらす

水の波紋青い色が持つ効果で、青=水=川という連想からでしょうか。

お金の流れが生まれると言われています。

収入が途絶えがちだったり、少ない人は、青い財布を持つことによって収入が増え、お金が流れ込んでくるようになるそうです。

ただし、その分流れ出ていくお金も増えてしまうので、使いすぎないよう注意が必要になります。

 

お金を生み、育てる

金を生む青い色の風水効果としては、お金を生み出し育てる効果が期待できます。

ただし、自分でお金を稼ぐ努力をすることも当然忘れてはいけません。

何もしないで、待っているだけでお金が湧いて出てくることはありません。

金運を呼ぶ努力に関しては別の記事を参照してください。

→金運を呼ぶ3つの心得!人は金なり~感謝を忘れるべからず~

自分でも努力すると、お金を生み育てる効果がより高まると言われています。

 

落ち着きと冷静さを与える

冷静さ興奮を抑え、クールダウンしてくれる効果を持つ「青」

トラブルに見舞われたときや、失敗してしまったときなど、つい慌ててしまいますが、そういうときにも落ち着いて冷静に対応できるようになります。

ささいなことで動揺しがちな人は、青い財布を身近に持っていることで、パニックになるのを防いでもらえるのです。

 

衝動買いや無駄遣いを抑える

衝動買い青い色が持っているクールダウン効果は一呼吸おいて冷静にさせてくれます。

このクールダウン効果により、買い物をするときに役立つ場合があります。

それは無駄遣いや衝動買いを抑えることができるということです。

無計画についついお金を使ってしまう癖のある人には、是非青色の財布を手元に置いておくことをおすすめします。

 

お金が流れてしまう?

金の流れ今まで説明したとおり、青色の財布には良い効果もありますが、場合によってはお財布には不向きな色でもあるのです。

と言うのは、水を連想させる青い財布はお金の流れを生み出すと同時に、お金を流してしまうとも言われているのです。

お金は循環するものですから、たくさん稼ぐと同時にたくさん使って、いつも流れ続けているという状態はあながち悪いものではないのですが、その流れに乗れなくなってしまうと、困った状態に陥ってしまう可能性が出てくるのです。

 

薄く淡い青を選ぶのが吉

青色の財布青い財布に金運アップの効果も期待したいのなら、目立つ真っ青とか濃い青ではなくて、薄い青を選ぶのがGoodですよ。

青に白が混じるので、青の効果にプラスして白が持っている浄化の効果が加わり、青と白の金運アップのダブル効果が期待できるのです。

また、青が薄まるので、お金の流れが弱くなりますから、お金の出入りを抑えてくれる効果もあるんですね。

 

効果を適度に高めるには色選びから

財布の中の色青い色は金運アップに効果を発揮しますが、と同時にお金が流れて出てしまうという悪い影響を与えてしまう色でもあります。

青=水だけに流れていくということですね。

そんな、ちょっと扱い方が難しい青を財布に使いたいときには、財布の中の色を工夫してみませんか。

表面ではなく財布の内側や裏地などに青を取り入れてみるのです。

もしくは、青と白などの二色の財布も効き目があると思われます。

 

金運アップの他の効果

春の芽生えせっかく風水を取り入れてお財布を選ぶなら、金運アップの効果だけではなく、その他の様々な開運効果も期待したいと思いますよね。

青い財布には、金運アップの他に、クールダウンさせてくれる(冷静になれる)、落ち着きを与えてくれるという効果もあります。

それ以外の効果、例えば健康運や恋愛運効果については、「木」の要素が持っている暖かい「春」の意味合いから、ほんの少しなら期待できるようですよ。

健康運や恋愛運上昇を望むのなら、それに合う色のお財布をおすすめします。

 

青色の財布で運気を変える?お金を生み育てる~濃い青と淡い青~まとめ

いかがでしたか?

青が持つ風水の意味と、青い財布が意味する風水の効果について紹介してみました。

説明したように、青にはお金の流れを作ってくれる(手元に入る)という一面と、水のようにお金が流れていってしまう(手から出ていく)という側面も持っています。

流動するお金の特性をちゃんと理解すると、青い財布の効果を上手に取り入れることができますし、金運アップにもつながりますよ。

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

このページの先頭へ