福禄寿~西遊記や封神演義に登場し、人生の目的とする三徳を表す福の神~

七福神の中でもマイナーな神様【福禄寿】

字面はめでたいものばかりなのに、なぜ存在感が薄いのでしょう?

それは福禄寿が中国の道教由来の神様だから-ということもありそうです。

しかもこの神様は同じく七福神の中で知名度の低い寿老人と間違われることが多いそうです。

それだけではなく、同一視されることさえあるとか。

その理由についても紹介していきます。

 

福禄寿とは?

七福神仲間の寿老人と同じく、もともとは中国の道教の神様です。

南極老人星の化身と言うことですが、実はこの南極老人星は竜骨座のα星カノープスのことなんですね。

そして寿老人もカノープスの化身と言われていますから、福禄寿と寿老人は同一神と思われるのも当然と言えば当然のことかも知れません。

『西遊記』『封神演義』など、日本でも有名な小説に神仙として登場するので、南極老人自体を知っている人も多いようです。

日本では【福禄人】と呼ばれることもあるそうです。

 

福禄寿の姿は?

福禄寿福禄寿の基本的な姿は、多くの場合背が低くて、長い頭、長い髭をはやし、大きな耳たぶを持った老人として描かれます。

大きな耳たぶということで【福耳】を連想される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大きな耳を持つ人は他人の話を良く聞くので人望が厚いとか、幸運に恵まれるなどとよく言われますよね。

そして経巻を結んだ杖を持ち、お伴には鶴を従えていると言われています。

鶴も長生きの象徴ですが、福禄寿は千歳だそうです。

一説では、右手に枕を抱えて、左手で宝珠を持っていると言われています。

 

御利益

福禄寿言うまでもなく、名前の漢字が意味するとおり、

  • =幸福(この場合は知識などを兼ね備えた精神的にも満ち足りた幸福を意味します)
  • =財産に恵まれる(昔は給料をもらうことを《禄を食む》と言っていました)
  • 寿=言うまでもなく長寿(健康で長生き)

この三つの御利益があると信じられています。

この三つは道教における中国人が人生の目的とする【三徳】を表しているそうです。

福禄寿はその名前に三徳を全て備えていますから、この神様が信仰されたのは当然だと思われます。

福禄寿の持ち物として枕があると言うことは前述しましたが、良い睡眠=健康と考えられますから、やはり長寿に縁のある神様なのでしょう。

 

まとめ

七福神と言うと弁財天や毘沙門天などが有名で、福禄寿と寿老人は思い出せないという人も多いかも知れません。

絵図の姿でも、武器を持った毘沙門天や美女の弁財天のように目立たないので、どうしても記憶が曖昧になってしまうようです。

しかし、この【福禄寿】という漢字を書いてみてください。

良い漢字ばかりです。

書くことで御利益が訪れてきてくれるような気がしませんか?

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

このページの先頭へ