開運財布が金運を上昇させる重大な法則とは?2つの要素から学ぶ

開運アイテム運を開くための小物(アイテム)というのは、はるか昔から日本人の中に浸透してきたものです。

例えば、神社のお守りやお札、教会ではクロスなどでしょうか。

「開運財布」については近年特に大変人気が出てきた商品です。

この記事では、開運財布の中でも効き目があると言われている「黄色の財布」について調べてみました。

なぜ黄色の財布が風水的に良いとされているのか?

金運の上昇には縁起の良さや風水などに見られる霊的な要素のほかに重大な法則がありました。

 

金運に良い財布といえば黄色といわれている理由

開運財布開運財布と言えば黄色というイメージが強くなったのは、風水というものを一般的に広めたDr.コパ氏の影響がとても大きいと言えると思います。

もともとは「西には黄色を置いて金運アップしよう!」だったのですが、伝言ゲームのように色々な所へ、色々な伝わり方をした結果、開運、特に金運アップには黄色!というところに落ち着いたと思われます。

 

金運上昇に必要な2つの要素とは?

風水と水晶玉しかし、実際はというと風水の専門家の皆さんが幸せを呼ぶアイテムとして紹介しているものは、実は黄色ではなかったりもしますし、毎年色や素材が違ったりもしているのが現状なのです。

2つの要素のうち一つは「お金は清潔で暗い場所が好き」なので、財布やお金を入れておく場所は、きちんと整理整頓して、お金に落ち着いてもらおうという使い方や方向性についての考え方です。

もう一つは、開運の色に振り回されずに「自分の好きな財布を持つ」ことで、自分の気が上がり、ひいては運気が上昇するというものです。

確かに、いくらご利益があると言われている開運財布でも、その色がどうしても気に入らなかったとか、バックから取り出し、手に持った度に手触りがイヤだと感じていては、ストレスを感じて、気分も下がってしまいますよね。

そうなってしまっては、幸せになりたいという目標からは離れてしまいます。

裕福な方で元気がない人というのはあまり見かけませんから、「元気が金運に関係している」という説も一理あるのかもしれません。

 

風水のラッキーカラーはなぜ運気を上げるのか?

運気を上げるでは、どんな開運財布を選べばいいのかと考えてみると、やはり自分自身が元気の出る色のものを選ぶのが良いと思います。

「風水や開運によると、黄色が良いっていうから、私は絶対に黄色にする」という人は、黄色の開運財布を選べば、開運についてやる気にもなると思います。

また「開運と言えばお金だよね。お金と言えば蛇」という方もたくさんいらっしゃるかと思いますので、そういう方は蛇皮の開運財布を持てば、金運アップの気も高まりますよね。

また、専門家が言うラッキーカラーは毎年変わるので、そのカラーに合わせるという方法も悪くはないと思います。

そう考えていくと、効率的に運気を上げる効果を高める為には、開運財布の中でも特にラッキーと言われる色や、幸運を予備と言われる素材のものを選ぶこと、そしてその中から自分が好きだと思う色や形や素材のものを選べば良いとも言えるでしょう。

と言うことは、風水専門家が教えてくれる幸運を呼ぶカラーの財布を使うことによって「あ、私の運気は上昇してる」と感じて、やる気も上がっているとも言えるのです。

風水などを参考にして、自分に合った色や形の財布を見つけ、それを気に入って大切に使うことによって「私の金運が上昇している」と感じることこそが本当の意味での金運上昇の法則なのです。

 

開運財布が金運を上昇させる重大な法則とは? まとめ

目立つし、金運=黄色というのが知れ渡っているから「黄色い財布を持つのはちょっと恥ずかしい、お金が目的と思われるもイヤ」という人も多いようですね。

でしたら、自分自身で納得のいく財布を選ぶことが大切なことになるのではないでしょうか。

好きになれない財布を持つと、気が下がるとも言われます。

黄色い財布を持っている人の全員が全員、運気上昇中とは言えないようですが、風水による色や素材を考えた上で、自分に合うもの(気に入ったもの)を選び、自分自身の中の気を上げるように心がけた方が良いのではないかと思われます。

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

このページの先頭へ