一粒万倍日~このご時世だからこそ金運財布にこだわる~

一粒万倍日は財布と金運に深くかかわるとされています。

また、天赦日大安と重なるとさらに効果が倍増するのです。

さて、過去には税金の代わりに、国に納められていた米。

生産する立場の百姓にとっても、俸禄として受け取る立場の武士にとっても、富の象徴であったと考えられます。

そんな米が「万倍にも増える日」なら、金運が上昇することも不思議ではありません。

財布と金運と一粒万倍日、その関係について紐解いてみましょう。

 

金運倍増が狙える「一粒万倍日」

米と稲一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は、十干十二支の組み合わせで一日の吉凶を判断する、撰日(せんじつ)のひとつ。

九つ存在する撰日のなかでも、大きな富をもたらしてくれる日と言われています。

名前の由来は、一粒のモミが万倍にも実る様子からきています。

現在の技術でも、米一粒から収穫できるのは約100粒ほど。

万も実れば、大豊作どころではありませんね。

その縁起の良さから、昔から種まきを始める日としても大切にされてきました。

以上のことから、一粒万倍日は「物事が倍増する日」「新しい物事を始めるに適した日」と考えられています。

一粒万倍日に財布を買ったり使い始めたりすると、金運倍増だって狙えます。

中身が万倍にもなって、帰ってきてくれたら嬉しいですね。

 

一粒万倍日はいつなのか

一粒万倍日は、旧暦から続く吉日。

二十四節気(にじゅうしせっき)と十二支によって決められています。

例えば、立春の時期なら丑と牛の日、立冬の時期なら酉と戌の日といった具合です。

新暦の数え方とは異なるので、一般的なカレンダーでは、把握するのが難しくなっています。

一粒万倍日や他の吉凶日が記されている、開運カレンダーなどを利用するのが、てっとり早いですね。

基本的に、月に4~6回、年に60回ほどの頻度で、一粒万倍日は巡ってきます。

意外とたくさんありますが、とくに気にしておきたいのが、寅の日巳の日と日付が重なる一粒万倍日です。

虎もも、干支の中では、富や財運を象徴するもの。

さらなる金運アップが期待できます。

 

効果が半減する一粒万倍日に注意

一粒万倍日は、「不成就日」といった凶日と重なることもあります。

一粒万倍日の弱点は、凶日の影響を受けやすいことです。

せっかく巡ってきたのに、凶日と重なっていて効果が半減!ということも、頻繁に見受けられます。

せっかく金運アップを目指すのなら、効果が半減する日は避けたいものです。

ここぞ!という日を、しっかりとチェックして、行動に移りましょう。

 

金運財布にこだわるなら

凶日と重なる日を避けて、一粒万倍日に財布を買いましょう。

財布の使い始めを、一粒万倍日にしてもOKです。

寅や巳の日と重なる一粒万倍日に実行できれば、ご利益もさらに上がります。

また、春に購入した財布は、「春(張る)財布」と呼ばれ、お金が貯まりやすくなります。

暦のうえでも、春には寅や巳の日の一粒万倍日が巡ってきます。

逆に、「秋(空き)財布」は、中身が寂しくなると言われていますが、秋には虎や巳の日の一粒万倍日が存在しないので、納得です。

1年に約60回は巡ってくる一粒万倍日と言っても、120%の効果が発揮される日は、ごくわずか。

タイミングにもこだわってみましょう。

財布の布団など、他の金運アップの小物類も、一粒万倍日に合わせて買ったり使い始めたりするのが吉ですね。

⇒ 金運アップのチャームでお金を呼び込む!~蛙、フクロウ、蛇~

一粒万倍日

 

一粒万倍日~このご時世だからこそ金運財布にこだわる~ まとめ

一粒万倍日は、あくまで「物事が何倍にもなる日」。

借金やローンなど、増えて困るものは始めない方が良いようです。

ダイエット開始もNGかもしれません。

逆に体重アップして、ジム代などが無駄になってしまいそうです。

消費税10%も遠い未来の話ではなくなった、このご時世。

一粒万倍日は、金運財布をメインに行動してみましょう。

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ