己巳の日~弁財天に願いを届けてくれる金運吉日と巳寿司~

十二支で、ヘビのことを「巳(み)」と言いますね。

昔の暦では、曜日の代わりに、十二支の順番に日にちが振り分けられていました。

十二支の六番目にあたる「巳の日」は、金運アップの吉日と言われています。

ヘビと金運、その関係は、どこから来たのでしょう。

 

巳の日は金運吉日

白蛇ヘビは、もともと縁起の良い動物。

成長するにつれ、脱皮をする姿が、「生まれ変わり」「強靭な生命力」を連想させます。

金運関係では、白ヘビが弁財天(べんざいてん)の使いであることが関係しています。

弁財天は、七福神の一柱。

水の神、音楽の神、そして財宝を司る神として有名です。

使いである白ヘビは、人々の願いを弁財天に届けると言われています。

そのため、商売繁盛、金運、幸運を象徴する存在として扱われるようになりました。

「巳の日」が、金運アップの吉日とされるのは、弁財天の影響があったからなんですね。

勝負事に強くなる日でもあるので、宝くじの購入日として人気です。

弁財天の金運効果について詳しくは
⇒ 弁財天~己巳の日が効果あり!白蛇を使う蓄財と水の神~

 

己巳の日はパワーアップ

金の蛇昔の日付の示しかたで、六十干支(ろくじっかんし)というものがあります。

十二支と十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)で60の組み合わせを作ることで、日付を振り分けていました。

十干の己(つちのと)と、十二支の巳(み)の組み合わせが、己巳の日(つちのとみのひ)となります。

「つちのと」は「土の弟」とも書き、五行思想では、「土は金を生む」と考えられています。

つまり、土の金運と、ヘビの金運がダブルで効果を発揮する日ということです。

己巳の日は、60日に一度巡ってくる吉日。

1年のうちに、たった6回ほどしかチャンスがありません。

このパワーアップ日を見逃さないようにしましょう。

 

巳の日と相性が良いもの

巳の日に購入したり、使ったりするのに相性の良いものがあります。

ヘビの金運効果を、さらにアップさせてみてはいかがでしょうか。

財布

巳の日は、寅の日と同じく、財布を買うのに適した日と言われています。
新調した財布に、金運アップを願うと、ヘビが弁財天に届けてくれるかもしれません。

また、ヘビ革の財布は、金運アップを招くことで有名です。
さらに、ヘビの抜け殻を財布の中に入れておくと、「金運が身(巳)につく」と言われています。

ヘビ革や抜け殻は、生々しすぎてダメだ!と思われる方は、ヘビのウロコを模した「鱗紋(うろこもん)」という柄を使用すると良いかもしれません。
三角形が並んだ紋様のことで、日本三大弁財天の一つにも数えられている、江島神社の社紋も鱗紋です。

⇒ 財布の素材の選び方~職業や用途に合った財布を見つける~

寿司

巳の日に食べると良いと言われているのが、寿司。
京都には「寅蒟蒻、卯豆腐、巳寿司」という言葉が伝わっています。
寅の日はこんにゃく、巳の日は寿司を食べると縁起が良いようです。

そういえば、3月3日のひな祭りでも、ちらし寿司を食べる風習がありますね。
ひな祭りの由来は「上巳の(じょうし)節句」にあり、もとは3月初めの巳の日に祝うものだったと言われています。

バッテラ寿司

巳の日と寿司は、密接な関係にあります。
寿司を食べて、金運アップを狙いましょう。

 

己巳の日~弁財天に願いを届けてくれる金運吉日と巳寿司~ まとめ

白ヘビが弁財天に願いを届けることから、金運吉日となった巳の日。

弁財天に、直接お参りする日としても最適かもしれません。

巳の日の金運アップ祈願は、他の日よりもすばやく弁財天に届きそうです。

参拝前の食事は、もちろん寿司で。

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ