紫色の財布で運気を変える?地位を高める高貴な色~個性と社会運~

紫色『紫』と聞くと何を連想しますか?

日本が世界に誇る古典小説『源氏物語』のヒロインを連想する人、日本史の教科書に載っていた聖徳太子の冠位十二階など、人によってのイメージは様々だと思います。

また、紫色をイメージカラーにしているアイドルグループの一員を思い出す人もいるかも知れませんね。

ところでこの紫色ですが、冠位十二階によると【最高に高貴な色】とされているので、一般人にはあまり使えない色というイメージを持っている方もいらっしゃるのでは?

確かに紫には独特な存在感を持つ色です。

でも、明るい色ではないので、どちらかといえば地味なイメージがありませんか?

風水では【赤】と同じく【火】の気に分類される紫。

しかし、赤と比較すると、より気品高くエレガントな色です。

赤の持つ情熱的な意味合いは弱く、知性や芸術性を意味する色でもあります。

【神秘的、ミステリアス、セクシー】など、平凡とは言えない、ちょっと個性的な雰囲気の色ではないかと思われます。

今回は、そんな紫について紹介します。

 

紫色を活用する

紫の花普通の人には使いこなせないといわれる【紫】。

と言うことは、【普通ではない場面=特別視されたい場面=自分の個性を強く押し出したい場面】には最適な色ではないでしょうか?

とは言え、ケースバイケースで、ビジネスなどの回りとの協調性が必要な状況(悪目立ちしてはいけない状況)では使うべきではない色と言えましょう。

ただし、気持ちを落ち着けたいときにはパワーを発揮してくれますので、この色を身近なところに一つくらいは取り入れておくと良い影響があると思われます。

そして紫は他の色と比べると、非常に高いスピリチュアル性を持っている色です。

そのため、他の人に気品や神秘性を感じさせる効果があるのです。

紫色は、ある意味では人間関係を明確化する力を持っています。

その人間関係も、同年配の仲間というより、上下関係とか、師弟関係といった感じの縦方向の人間関係を作るのに適していると言えるかも知れません。

 

ステイタスを上げてくれる

仕事運前述の冠位十二階の例を引くまでもなく、紫は風水では【高貴な色】として考えられています。
紫色の財布を持つと、社会的な地位を高めることができるとも言われています。

簡単に言えば、昇進や出世の運に恵まれるということですね。

【金運そのものを上げてくれる色】ではありませんが、昇進した結果、収入が増えるわけですから《間接的に金運を高めてくれる色》と言えるでしょう。

と言うことは、「すぐすぐ、今すぐ、とにかくお金が欲しい!」という方よりは「まずは仕事で成果を出す。そしたらお金は付いてくるはずだ」と考えることができる方をサポートしてくれる色ということがおわかりですね。

 

風水的な視点でみた紫色

ミステリアス紫色の風水的なメッセージの意味は【気品がある】【神秘的】【個性的】【騙されない】というそうです。

風水的に活用する方法としては、個性を強く発揮したいときにはドンピシャの色ですね。

趣味の会合やコンサートなどで紫色の服を着用するのは良い結果を生み出すように思われます。

しかし仕事上のつきあいや上司もいる会合など、回りから浮かない方が良い場面、協調性が問われる場面にはふさわしくない色です。(紫色のシャツをたまに見かけることがありますが、風水的視点から見ると仕事向きではないということになります)

また、紫は高いスピリチュアル性を持っている色ですから、目の前の相手に自分の気品や神秘性を感じさせる効果が期待できます。

だから占い師の方達は紫のアイテム(ベールや手袋、水晶など)や衣装を取り入れているのかも知れませんね。

紫色が人間関係に与える影響は、上司と部下などの縦方向の人間関係の構築に向いている色ですが、紫色を基本にして人間関係を築きたいと思う場合は、紫一色ではなく、ピンクや白など淡く柔らかい雰囲気の色を取り入れると活用しやすいと思います。

紫色は絵の具では【赤】と【青】の二色で作りますね。

ということは、この二色の特徴を紫色は合わせ持っているということなのです。

二面性のある色ですが、神秘的でミステリアスで気品のある紫というカラーはとても魅力的です。

紫を前面に出してしまうと占い師さんのようにスピリチュアル系の人という印象を与える可能性もありますから、相手によってはひかれる可能性もあります。

自分をそういうふうに見て欲しくないという方なら服よりも【紫色の財布】などの目立たないアイテムが良いかも知れませんね。

 

結果的に金運をアップさせる

社会運競馬や競輪で大当たりしたり、宝くじやロトで当選したり。

そんな【棚からぼたもち】的な幸運は誰しも一度は夢見ることかと思います。

しかし、そんな幸運は滅多に訪れませんから、金運は自分自身の努力でつかみ取るしかないと考えますよね。

そういう考え方なら「お金、金運!」と血眼になってあれこれ手を出すよりも「まずは社会運を上げるのが大事」と地道にコツコツ努力できる人の方が結果としてお金持ちになりやすいのかも知れないですね。

そういう意味でも、紫色の財布はお金(財)を蓄えるには適している財布と言えるのではないでしょうか。

ただし【お金】という目に見える結果が出てくるまでにはかなりの時間がかかります。

待ちくたびれることも覚悟の上で、悠然と構えていられる人は強いと思います。

 

心理面への効果

紫色は【赤+青】でできる色です。

ですから、赤の要素と青の要素の両方を持っている不思議な色になります。

見る人に寄って印象が変わる色でもあります。

例えばミステリアス、セクシー、可愛い、クールなどと感じられる色です。

こんなふうに様々な表情を見せてくれる紫ですが、一体どんな性質や人間に対する心理効果があるのでしょうか?

《紫色の性質》

エレガント一口に紫と言っても赤紫から青紫まで、紫の中でも幅があります。

赤と青の混ざり具合で様々な色合いを表現することが出来る紫色。

感性を鋭くしてインスピレーションを高めてくれる色と言われています。

【情熱の赤】と【冷静の青】など一見相反する色が混ざった色なので【高貴と下品】とか【神秘と不安】などの二面性を持っている珍しい色と言えます。

人間で言えば、二面性があるとよく言われる血液型AB型の人みたいな感じなんでしょうか?(これはあくまで筆者個人のイメージです)

《紫色が人間に与える心理効果》

  1. 勘を鋭くしてくれる(警察官などが欲しい能力では?)
  2. 想像力をかき立てて、感性を豊かにしてくれる(芸術家が欲しい能力)
  3. 緊張や不安を癒し穏やかな気分を与えてくれる(精神安定剤的な働き)
  4. 緊張を和らげてくれる(受験生、面接に向かう人には必要)
  5. 心と身体の回復を促してくれる(療養中の人などのお見舞いとか)
  6. 性的なものを感じさせてくれる(恋愛中の必須アイテム?)
  7. 催眠効果がある(不眠には紫のパジャマ?)

紫色が持つ心理効果は上記のように様々ありますね。

勘が鋭くなったり、想像力をかき立たてるなどの効果は芸術家、小説家、アーティストなどが好みそうな効果ですし、形から入るというわけではなくても、紫色の衣装を着ている人は芸術家、アーティストという一般人とは違う人種という雰囲気が強くなるようです。

個人的には穏やかな気分にさせてくれるというのはちょっと疑問ですが、セクシーさを感じさせてくれるなまめかしい色であることは間違いないでしょう。

 

紫色の財布を持つメリット

GAGA MILANO ガガミラノ オーガナイザー ORGANIZER EMBOSSED VIOLET ヴァイオレット 紫 パープル エンボス 財布 長財布 パスポート ジッピー ラウンドファスナー セカンド ビジネス メンズ レディース [並行輸入品]パッと目を引く紫色の財布。

要はカッコ良い色ということです。

個性的でステキな印象を持つ紫ですが、風水的に運勢とはどんな関係があるのか気になりませんか?

まずは【紫色+財布】という組み合わせは、意外なことに金運アップを望む人にはあまり縁のない色(=役に立たない色)なんだそうです。

びっくりですね。

様々な良い点がある紫色なのに、まさかの金運上昇には関係ないという残念なオチでした。

でもご心配なく。

紫色は確かに金運とは関係がありませんが、縁起の悪い色ではありません。

むしろ、地位を上げたい人、名誉が欲しい人にとっては相性ピッタリの色ですから、自分のステイタスアップを願う人には必要不可欠な色ということになります。

ですから、金運上昇には無関係と言いながらも、紫色をうまく使うことによって、収入アップに結びついていくかも知れないのです。

自分を成長させて、ステイタスを上げることによって、魅力的な人物に成長できて良い人間関係が作られ、異性にもモテて、上司にも引き立てられる可能性がとても高くなるかも知れません。

そう考えると紫(パープル)という色は縁起の良い色と言えると思います。

派手な紫色はあまりおすすめできませんが、ボルドーなどシックな 紫は使いやすいと思われますから、紫色のアイテムを何か一つは持つようにすると良いことが巡ってくる可能性が高くなると思われます。

 

紫色の財布で運気を変える?地位を高める高貴な色~個性と社会運~ まとめ

芸能人でも紫色を愛用する人は、何かしらその他大勢とは違ったキャラクターで売っている人が多いようです。

その人達は紫のパワーを充分活用しているように思われます。

【自分の中の美的感性を磨きたい】【感性を高めたい】という芸術家的なセンスの持ち主は、紫色のアイテムを身近に置くと良いでしょう。

自分を高めようとする気持ちをサポートしてくれる紫色。

この紫を上手に生活に取り入れながら、人間的にも成長して、すばらしい日々を過ごされることを期待します。

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

このページの先頭へ