運気がアップする風水財布の選び方と購入時期カレンダー~生活環境で色と素材を選ぶ~

風水財布財布を買う時は、多くの方が色やデザイン、使い勝手のよさで選ぶのではないでしょうか?

そしてその基準も、「自分の好み」が最優先で、中に入るお金に少しでも居心地よく長居(散財や浪費をしない)してもらうためのものにはなっていないと思います。

財布の役割は「お金を管理するための道具」だということに間違いはありません。

でもちょっと発想を変えて、財布は「お金が休んで、くつろぐ場所」と考えてみて下さい。

あなたが持っている今のお財布の中でお金は休めますか?

くつろぐことができますか?

財布に、必要ないレシート、いつ作ったかさえ忘れてしまった全然使わないポイントカードなどを入れてファスナーの開け閉めがきついほどパンパンになっていませんか?

買物で返してもらったおつりをそのままで、お札と一緒に入れたり、カードと一緒にポケットに入れたり、適当に財布に戻してませんか?

長年使いこんで、角が擦り切れたり、ポケットが破れて小銭が落ちたりしてませんか?

もしあなたの財布が「なんだかいろんな物がごちゃごちゃしていて、古臭くて、落ち着かないなあ」そう感じたら、要注意です。

なぜなら、お金はそんな不快な、安定感のない場所には寄って来てはくれないのです。

では、良い運気に恵まれる(お金が寄ってくる)風水財布とは一体どんなものでしょうか?

→金運がアップする長財布の使い方を教えます!

 

金運に恵まれる財布の色とは? ~生活環境で最適な色を選ぶ~

金色金運の運気を上げるためには、やはり金の気を持った「金色」が最適なカラーと言えますね。

しかし一方で「金色」はエネルギーが強すぎるので、お金が入ってくる分、厳重に管理しないと出て行くのも多い色だとも言われているんです。

入ったからと言って調子に乗らず、しっかり管理できれば運気アップのためには最強の色と言えるでしょう。

また、金色ほど強いパワーではないものの、黄色も金運アップにはよい色とされています。

黄色は色が濃いほどそのパワーが強くなり、パステルカラーに近い薄い色ほど緩やかになると言われています。

お金の管理が得意じゃないと思う方ならば、金色や濃い黄色ではなく、薄い黄色を選ぶのも、入ったときと出たときの落差が少なくなるので、精神的に楽になるかも知れません。

汚れが目立ちやすいと敬遠されそうな白ですが、これまでの悪い運気を浄化するパワーに優れた色です。

借金を抱えている方は白色の浄化作用で金運に恵まれます。

意外と強いパワーを持った色なんですね。

白と対照的な黒は、守りや安定の力を高めてくれる色と言われています。

今まであまり金運に恵まれなかった方は、その嫌な空気を断ち切るために白色を選ぶのが良いとされますし、着実にお金が貯まっていると感じている方であれば、その流れを滞らせないためにも黒色を選ぶのが良いと思われます。

→財布の色を選ぶ~色の意味から強化したい気の色の選び方を知る~

 

金運アップ効果がある財布の素材とは?

白蛇財布を選ぶ時、色や形には自分なりのこだわりがあっても、素材まではあまり気にしないという方は多いようですね。

でも金運の運気を上げるためには、素材にこそ、強くこだわるのが効果的と言えるのです。

じゃあ、一体どんな素材が良いのかいうと、なんと言っても「本革」です。

本革とはいわゆる「動物の皮」のことですが、一般的な財布の素材となっているビニールやナイロンに比べると、自然に宿る力が込められているのでエネルギーに溢れていると思われます。

そのためお金を引き寄せやすいと考えられているのです。

動物の中でも古くから四神獣の一つとして崇められてきた「へび」は、財布の素材としてはとてもよいと言われています。

気味が悪いと思う人もいますが、「へび皮」の財布はオススメです。

→財布の素材の選び方~職業や用途に合った財布を見つける~

 

財布を買う時期 ~金運の運気に恵まれる季節とは?~

春は財布の時期「春財布」という言葉があります。

長い冬が終わり、植物も動物も目を覚ますという春は物事を始める時期とも言われますので、財布を使い始めるのにも適した時期と言えます。

また、春は「張る」に通じるので、いつもお金がパンパンに詰まって張っている財布の状態を表すようで、縁起がよいとも言われています。

ただし、この「春」は今のカレンダーでいう4月以降の春ではなく「旧暦による春」ですので注意して下さいね。

さらに、春の捉え方にも実は2パターンあります。

1つは冬至(12月21日頃)から雨水(2月17日頃)までで、もう1つは立春(2月4日頃)から啓蟄(3月5日頃)までとされています。

どちらの「春」を選ぶかは人それぞれの考えによりますが、どっちにしようか決めかねるというならば、両方の日付が重なっている2月4日から2月17日の間に購入を考えてみてはどうでしょうか?

いや「もっともっと運気を呼び込むような、良い日に財布を購入したいんだ」と思うのであれば、2月6日はいかがでしょうか。

2017年2月19日は、吉日である大安と一粒万倍日が重なる大変縁起のよい日です。

大安は結婚式やお祝い事を行う吉日として有名ですが、一粒万倍日は「一粒のもみ万倍にも実り、稲穂となり豊かな恵みをもたらす」という言葉から、何事を始めるにもよい日とされています。

さらに、一粒万倍日に吉日が重なるとその効果が倍増するとも言われているのです。
もっといいことに、今年2017年は酉年で、金運が上がりやすい年とも言われているのです。

と言うことは、お財布を新調するのに適した年と思いませんか?

→開運カレンダーはこちら

 

お金に好かれる財布の形とは?

がま口財布風水的にはどんな形の財布がいいのでしょうか?

例えば長財布とか、折りたたみ財布とか、色々種類がありますね。

まず、お金にとっての財布は、私達の「家」と同じと考えてください。

もし皆さんの自宅が手も足も伸ばせないくらい狭くて窮屈だったらどう感じますか?

帰りたくないと思いませんか?

足も手もゆっくりと伸ばせる家で暮らしたいと思いませんか?

こう感じるのはお金も一緒なんです。

お金もゆっくりと静かに過ごせる場所を好む傾向があると言われているんですね。

以上の事から、風水的に金運を上げるためには、二つ折り財布よりも長財布がよいとされています。

さらに、とことん運気を上げたいのなら財布に付いているポケットの数にもこだわってみましょう。

なんと言っても、8つ付いているのがお勧めです。

みなさんもご存知のように「8」は漢字で「八」と書き「末広がり」という意味を持つ数字なので、その幸運を呼び込むと言われ、縁起がよいのです。

→財布のサイズで吉凶を占う~金運アップと散財に関わる重要な要素~

→ポーチタイプや個性的な財布は運気が下がるの?長財布人気の秘密

 

金運がアップする風水財布の選び方と購入時期 まとめ

風水いかがでしたか。

風水は占いとは異なり、未来を予言するものではありません。

今目の前にある環境をよりよい方向へ導くための方法なのです。

その昔、作物を育てるのに欠かせない水を確保するための知恵や、手をかけて育てた作物が風の被害を受けないように、なるべくその影響を小さくするために考えた工夫が「風水」の始まりと言われています。

生活に密着していた考えだったとも思われます。

「信じるか、信じないか」という話ではなく、「やってみるか、やってみないか」が「風水」の真髄とも言えるでしょう。

金運を上げたいと思ったら、今回紹介してきた様々なことを実践して、お金が住みやすい(居心地の良い)環境を整えてあげるのが、とても大切なのです。

そうすれば、これまでかなりいい加減に扱ってきたお金に対して、あなた自身の考えが変わり、無駄使いや浪費がなくなるはずです。

そうなることこそが、よりよい生活環境を生み出すための「風水における金運アップの方法」と言えるでしょう。

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ