寅の日~金運招来日におまじないで効果倍増~

寅の日は、金運招来日として有名ですね。

「虎の子のお金」と言うように、金運と虎は、切っても切れない縁があります。

古来より王者のシンボルとしても愛用されてきた虎には、金運を招く強いパワーがあるのでしょう。

 

寅の日と金運招来

荀子十二支の「寅」は「虎」のこと。

王者の風格あふれる虎は、たくさんの故事成語やことわざでも取りあげられています。

なかでも金運招来と密接な関係にあるのが、中国の「荀子(じゅんし)」に登場した「虎は千里往って千里還る」という成語。

虎は一日で千里の距離を往復するとされたことから、「勢いよく帰る」ようすを表します。

そのため、金運面では、「お金を使っても勢いよく帰ってきてくれる」という意味を持ちます。

また、全体的に金運アップするため、競馬などのギャンブルや宝くじの購入日としても人気の日。

思い切った決断をする日としても吉ですね。

 

色的にも金運招来

虎柄

風水で言えば、黄色は金運アップを表し、お金を呼び込むカラーとして有名です。

黒も高級感を与えるカラーと言われていますね。

そんな2つの色を併せ持つのが、虎。

色のパワーも加わって、寅の日は金運招来日となっているんですね。

⇒ 黄色の財布で運気を変える?金は天下の回り物~流動と変化~

⇒ 黒色の財布で運気を変える?出費を抑え格を上げる~秘密と拒絶~

 

初寅の日に金運招来

一年の初めの寅の日は、「初寅」といって特別な意味を持ちます。

寅は、毘沙門天(びしゃもんてん)の使い。

初寅の日に毘沙門天に参拝して、金運アップを祈願する風習が残されている地域もあります。

毘沙門天の金運効果について詳しくは
⇒ 毘沙門天~お使いのムカデは前に進むのみ~戦勝と財宝の神

 

寅の日に注意しておきたいこと

十二支の順番で定められる寅の日は、12日ごとに巡るようになっています。

そのため、六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の吉凶日と重なることがあります。

寅の日と大安の組み合わせは、効果が倍増するので大歓迎ですが、仏滅などの凶日と重なったときは要注意です。

マイナス効果の影響で、寅の日の金運招来パワーが半減してしまいます。

また、「虎は千里往って千里還る」の意味にも注意です。

お金だけでなく、さまざまなものが帰ってくると考えられています。

寅の日の結婚式や入籍は、出戻りが連想され、縁起が悪いようです。

お葬式も、死者が帰ると考えられ、避けられることがあります。

 

寅の日と相性の良いもの

寅の日に購入したり、使ったりするのに相性の良いものがあります。

寅の日のパワーを最大限に活かす、おまじないとして参考にしてみてください。

財布

寅の日は、財布の購入をすると吉と言われています。
「千里往って千里還る」という勢いにあやかるためです。
財布から、お金がたくさん出ていっても、勢いをつけて帰ってきてくれるのだとか。
ネット通販などでは、財布のお届け日を、寅の日に指定する人も。
新しい財布を使い始めるのにも、適した日です。

⇒ 財布の使い始めに最適な金運吉日とは!?~風水に学ぶ寝かせる場所~

こんにゃく

寅の日に食べると良いとされているのが、こんにゃく。
由来は定かではありませんが、京都には、「寅蒟蒻、卯豆腐、巳寿司」という言葉が残っています。
土用の丑の日にウナギを食べると、精がつき夏バテ防止になると言われるように、寅の日にも、こんにゃくが良い理由があるのでしょう。
根気に関わる、「根(こん)がつく」という考えかもしれませんね。

こんにゃく

タイガーアイ

虎目石とも呼ばれるタイガーアイは、金運を招くパワーストーンです。
富を増やしたり、お金を呼び戻したりする効果があるとされています。
寅の日に購入すると、さらに効果が倍増しそうです。

⇒ パワーストーンを財布に入れないで!~石の効果が落ちる~

タイガーアイ

 

寅の日~金運招来日におまじないで効果倍増~ まとめ

成語の由来や色的にも、金運招来には最適の寅の日。

財布を購入したり、こんにゃくを食べたりすることで、効果倍増も期待できます。

凶日と重なったときは、注意が必要ですが、おまじないなどを活用して、金運アップを目指しましょう。

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ