黄色の財布で運気を変える?金は天下の回り物~流動と変化~

金運がないここ最近、何かお金に嫌われているような気がする…財布を落としちゃったり、お給料が減ったり、とにかくお金が貯まらない…とお金でお悩みのアナタ。

ひょっとしたら、金運に関する運気が下がってしまったのかもしれませんよ。

お金と財布は切っても切れない仲。

と言うことで、黄色のお財布に注目しましょう。

風水では金運に関係が深い黄色の財布が、そのお悩みを解決してくれるかも知れませんよ。

今回は黄色の財布について紹介します。

 

黄色の活用

まず、「幸せな自分」をイメージして黄色を大胆に使うのがポイントです。

色は淡い黄色より、目の覚めるような明るく濃い黄色の方が効果的ですよ。

 

金運の象徴

金の稲穂風水では黄色は、金色と同じく金運を象徴する色とされています。

お金を入れて持ち歩く財布は、「お金の家」と考えられますね。

では、黄色の財布には、どのようなメッセージが込められているのでしょうか。

「類は友を呼ぶ」ということわざがあるように、お金は仲間を呼ぶと言われています。

風水によると金運を象徴する黄色の財布には金運を呼び寄せる力があるそうです。

つまり、黄色の財布はお金を呼び込む財布というわけなんですね。

 

「金」を生み出す色

財宝風水の原点ともいえる古代中国の思想(陰陽五行説)に基づく五行にはそれぞれ色が割り当てられています。

「土」を表す色は「黄色」とされています。

つまり、五行での黄色は「土の気」を持つ色ということになります。

注目したいのは、五行の「土生金」(どしょうきん)という言葉です。

これは「土は金を生じる」という意味で、「土の気」を持つものが「金」を生み出すということなのです。

黄色い財布は、土があらゆる穀物や野菜などを生み育てるように、金運を育ててくれる財布と考えることができるのです。

 

太陽のように明るくポジティブな色

明るい黄色黄色はなんと言っても、とにかくポジティブな色です。

身近な人を思い浮かべてみても、黄色を身に着けている人には、暗いイメージは感じませんよね。

黄色は、自然と人が集まってくる色でもあり「人は着ている服から気を溜める」と言われているように、風水では黄色を持っている人は友人も多く、その回りには自然と人の輪ができると考えられています。

黄色い財布の持ち主は、友人が多い分、飲み会などのお誘いも多いのですが、おごってもらったり、収入アップの情報が入ってきたり、人とのつながりから金運をアップできる可能性も多い人です。

こう考えると、黄色は人望とも関係しているように思われます。

 

流動を象徴する黄色

黄色の財布「金は天下の回り物」という言葉はご存じでしょうか?

-今は手元にお金がなくても、いつかは自分の所に回って来る-ということを意味する言葉です。

この言葉は、まじめにきちんと働いていればいつかは自分にもお金が回ってくることを暗示していると言われています。

とは言うものの、お金が回ってくるのをただじっと待っているのもつらいものですよね。

ここで、「流動」を象徴する黄色の財布を使っていると、積極的にお金を呼び寄せることができるのです。

 

変化する黄色

黄色の財布風水によると、黄色は金運と同時に「変化」をも表し、なりたいと願う自分になれると言われています。

従って、黄色い財布を使って浪費癖を直したいと願うと、その願いが叶うというわけです。

願いが叶って幸せな気分の自分をイメージしながら使うと効果も大きくなるはずです。

色の濃いはっきりした黄色ほど、その意味が強くなるそうです。

ですから、鮮やかな黄色ほど金運を呼び込む力は強いというわけですが、同時にお金が出ることも多くなるそうなので、一攫千金ではありませんが、ドラマチックな金運アップを願うのでなければ、やわらかい淡い黄色の財布を選ぶことをおすすめします。

黄色の財布はかなり目立ちますし、《黄色=金運》というのはかなり知られていますので、「あの人、お金が欲しくて黄色の財布使ってる」と見え見えなのも気が引ける感じがしますので、やはりクリームイエローとかライトクリームぐらいの控えめな黄色が良いのではないでしょうか?

 

黄色の財布で運気を変える? まとめ

黄色は「人を呼ぶ色」とも思われます。

金運だけでなく、人運(この言葉があるかはわかりませんが)もアップしてくれる色のようですから、お財布に限らず、他のグッズに取り入れてみるのも良いかも知れませんね。

人が集まるとお金も集まるような気がします。

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ