龍~気の流れを表し帝王の異名をもつ金運・財運の守り神~

龍(建仁寺)想像上の生物でありながら【龍】は古代から人間と結びつきの深い存在でした。

古代中国前漢の始祖劉邦は【竜顔】だったと言われています。

他にも【龍】と言われた権力者が多いことを考えると「王」や「貴人」と関係のある高貴な存在だったと言えるでしょう。

日本でも上杉謙信が【越後の龍】と異名をもらっていますね。

 

龍の御利益

権力者の別名とも言える【龍】は当然ながら仕事運、家庭運、健康運など、あらゆる運気をも呼び込んでしまうオールマイティな万能アイテムと言っても過言ではないでしょう。

最高の力を持つ皇帝ですから、仕事やお金は言うまでもなく、恋愛や健康などあらゆる個人的な願望にも効果があるとされています。

風水では重要な意味を持つ【龍】はグッズとしても人気があります。

日本各地の神社仏閣に龍のお守りがありますし、辰年に購入するとより御利益をさずかることができるでしょう。

また、最近ではデフォルメしたかわいらしいマスコットのような龍のストラップや縫いぐるみなどもたくさんありますので、気に入った物を選びと良いと思います。

 

龍とは

木彫りの龍一般的に【龍】は東の方角を守る聖獣と言われています。(四神の一つ青龍は東方を守るとされています)

しかしそれだけではないんです。

気が集まる場所を意味する【龍穴】気の流れを意味する【龍脈】などの言葉からも想像できるように、【龍】とは《気の流れ》自体を表しているとされています。

そういう意味で【龍】を味方につけることが、風水で願いを成功させるためには、不可欠になります。

【龍】の持つ力の中でもとりわけ強いパワーを発揮すると言われているのが、お金や富などの《金運に関する願望》と考えられているんです。

陰陽師などで言う陰陽説で考えると【龍】は【陽】に属します。

自宅の中に龍のアイテムを置くと、大きな財運を呼び込めるでしょう。

 

龍を飾る方角

風水龍アイテムを置く方角は【東】または【北】がおすすめです。

方角がイマイチわからないというときは、玄関の右側や部屋の右側に置くようにすると良いでしょう。

部屋の間取りによっては、北や北西、東南でも構いません。

しかし南や南西は龍と相性の悪い方角ですので、ここは避けるようにしてください。

 

龍とセットにするとよいアイテム

龍色々な絵などでは龍は瀑布や川などを背景に描かれることが多いようです。

龍は水を好む動物と思われていたんですね。

龍のアイテムを飾ったら、小さな器などに毎日新しいお水を入れてあげるようにします。

龍にあげたお水が減り始めたら、願望成就が近づいている証拠ですよ。(実際には蒸発したのかもしれませんが、龍が飲んでくれたと信じることが大事です)

と言っても、取り替えずに汚れたお水は【お金の気】を滞らせてしまうので、龍(気の流れ)の機嫌を損ねてしまう恐れがあります。

ですからお水をあげるのであれば、きちんと毎日取り換えてください。

さらに龍と一緒に【水晶】を置くとより開運パワーが上昇しますよ。

例えばお金の運(財運)を呼び込みたい時には【金針入り水晶】のような財運のある【水晶】を一緒に飾るのもおすすめです。

 

龍~気の流れを表し帝王の異名をもつ金運・財運の守り神~ まとめ

秋田県の八郎潟を始め、大きな沼や湖には龍が住むと言われてきました。

この世に存在しないと理解していても、人間は皇帝という神に近い存在の別人格としての龍を求めていたのではないかと思います。

手の届かない龍をアイテムとして手元に置いてその御利益を得たいという思いは、昔も今も変わりはないのでしょう。

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ