貧乏いかがですか?金運財布で人生を変える

「開運日の意味」の記事一覧

月の異名

暦における月の異名の由来|季節感あふれる日本独自の呼び名

昔から季節の変化に敏感だった日本人。 暦の読み方でも例外ではありません。 現代のカレンダーを見ると、1月~12月という味気ない名前が、月ごとに記されていますね。 しかし、「睦月」や「師走」といった和風の名前が記されている […]
月破大耗日

月破大耗日|月と太陽の力がぶつかり合う凶日

「月破大耗」、聞き慣れない言葉ですが、あまり穏やかな感じはしませんね。 月破大耗日は、風水学における凶日となります。 気の流れが乱れ、エネルギーが弱くなる日であるため、備えておいた方が良い日です。 知っておきたい備え方を […]
九星気学

九星気学|本命星に宿る金運とラッキーカラー

九星気学は、生まれた年月日を九星にあてはめ行う、占いのようなものです。 方位の吉凶を判断されるために用いられることが多いですが、人の運勢の行方も知ることができます。 今回は、金運アップのカラーに注目して、九星気学と金運に […]
二十八宿

二十八宿|暦注に記される28の星座の意味とは

「縁起の良い日を選びなさい」と言われたら、何を基準に選びますか? いちばん身近なものは、よくカレンダーでも見かける、大安や仏滅といった「六曜」ですよね。 しかし、日本の暦には、他の吉日も存在します。 星座によって吉凶を判 […]
母倉日

母倉日|凶日を打ち消す力を秘めた吉日

母倉日は、これから家庭を持つ女性にとって大きな意味を持ちます。 吉日として重宝され、もっとも縁起が良いと言われる、7つの日柄を集めた「七箇の善日(ななこのぜんにち)」にも含まれているほどです。 母倉日の吉凶や選日法につい […]
神吉日

神吉日|神を祀る倭暦だけの吉日

暦注のルーツは、ほぼすべてのものが中国にあります。 仏教の経典などを通して日本に伝来し、定着したものがほとんどですが、稀に倭歴だけのオリジナルも存在します。 そのなかの一つが、神吉日です。 司る吉凶や、選日法などと併せて […]
月徳日

月徳日|改築や土地に関わる吉日

月と徳という文字が使用される「月徳日」は、いかにもご利益がありそうな日ですね。 実際に、日本で最も縁起が良いとされる「七個の善日(ななこのぜんにち)」のひとつに数えられる吉日となっています。 月徳日がもたらす吉凶や、選日 […]
天恩日

天恩日|連続してやってくる天の恩恵

日本の暦には、最も縁起が良い日柄ばかりを7つ集めた、「七個の善日(ななこのぜんにち)」というものがあります。 その中のひとつが天恩日、文字を見るだけでも、良いことが起こりそうですね。 天恩日の吉凶や、選日法について詳しく […]
大明日

大明日|太陽の光が明るく照らす大吉日

大明日という文字からどんな日を想像するでしょうか。 どんな地域でも、明るさは吉に通じるものがありますよね。 大明日も、そんなイメージを裏切らない大吉日です。 もっとも縁起の良い日が集められた「七個の善日(ななこのぜんにち […]
鬼宿日

鬼宿日|釈迦が生まれた大吉日とは

吉日といえば、大安のようにメジャーなものが思い浮かびますが、「鬼宿日」という吉日もあることをご存知でしょうか。 「鬼」という文字を使用するため、本当に縁起の良い日なのか疑ってしまうかもしれませんが、じつは宿曜占星術におけ […]
空海と暦

七曜|空海が持ち帰った7つの天体を表す曜日

七曜は、一週間の曜日でおなじみの「月・火・水~」のことです。 キリスト教の教会で、「神は7日間で天地を創造し、最終日を安息日とした」という話を聞いたことがあるので、そうとう昔から存在していたのでしょう。 しかし、日本に限 […]

選日(せんじつ)|一粒万倍日など9種類の吉凶

1年の暦における日時や方位の吉凶を記した「暦注」には、じつにさまざまな事項が揃っています。 誰もが知っている「七曜」、続いて有名な「六曜」「十二直」「二十八宿」「九星」などがありますが、ほかにも「雑注(ざっちゅう)」また […]