ポイントカードっていりますか?

ポイントカード使ってますか?

ポイントを貯めたら、次の買い物でポイント分値引きしてくれるってやつです。

これ、どうも私は好きになれないんです。

あれって得してます?

ハッキリ言って損か得かわからない。

今回はそんなポイントカードの話です。

作るのが面倒

よくレジでポイントカードもってますか?って聞かれませんか?

私は、もっていないので「無いです」と答えます。

すると店員さんは「すぐに作れますけどいかがですか?」って聞いてきますよね。

でも、私の答えは「いいえ、いりません」

なぜかって、作るのが面倒なんですよね。

「すぐ」って言ってる割には、名前と住所と連絡先書いて、わりと時間取られるんですよ。

こういうと「どれだけ忙しいんだ!」とツッコまれそうですが、ただ欲しくないものに時間をかけたくないだけです。

出すのも面倒

そうはいっても、全く持ってないわけではないですよ。

以前にポイントカードを作ったことがあるんですよ。

普通にレジで出せばいいんですけど、持っていても出すのが面倒。

いや、その前に財布に入れたくないので、持ち歩いてないことがほとんどですね。

そもそも、ポイントカードの還元率ってどうなんでしょうか。

カードを出すという行為は、いわば運動ですよね。

「運動分のカロリーと差し引きしたら大して得していないんじゃないか?」

って思ってしまいます。

ポイントカードが無意味な理由

ポイントカードってそもそもマーケティングツールですよね。

「次回も同じ店で買ってもらおう」っていう戦略でポイントというかたちで割引をする。

「今は割引しないけど、次は割引しますよ」ということですね。

私にとってポイントカードが無意味な理由として「いつも同じ店で買わない」ということです。

もちろんTポイントのように何店舗も提携しているものもあります。

でも、「次回も提携店で購入する」となると、いつになるかわかりません。

だから貯まったポイントの使い道がないんですよね。

Tポイント使い道のない方へ|おすすめネットで株式投資

これはあくまで「私にとって」という意見なので、ポイントカードを否定しているわけではないんですけどね。

財布の中身はシンプルな方がいいと思いますよ。

↑↑↑ フォロー&シェアよろしくおねがいします!! ↑↑↑



わたしがなぜ、金運アップの研究をしているかというと、あるきっかけがあったからです。私の友人は、ロト6の攻略をしていました。
ロト6の1等当選確率は600万分の1と言われていますが、数字を自分で選ぶという仕組み上、攻略できるように思えたのでしょう。

しかし、600万分の1っていったら、ほぼ運ですよね。

そこで私が思ったことは「ロト6を攻略するよりも金運を上げたほうが早いのではないか?」ということでした。
そして、金運アップの研究をするうちに、「貧乏には原因と結果がある」ことに気づきます。
これらの原因を追求していくうちに、わたしの心が豊かになり、「金運とはこういうものだったのか」と気づいたのです。

それは「金運アップしてどうするのか?」ということです。

金運アップできる人、できない人、全ては「原因と結果」があるはずです。

わたしは、これをみなさまと一緒に省察していきたいと思い、メルマガを配信することにしました。

開運日カレンダーに十二直、二十八宿、それぞれの吉凶をわかりやすく表示し、簡単に吉凶の判断ができるような新カレンダーを制作しています。
これに伴い、「開運日カレンダー」はメルマガ会員限定のサービスとさせていただくこととなりましたことをご了承ください。