財布の素材

あなたが風水を取り入れて財布を選ぶ場合、何を重視しますか?

第一にキーポイントになるのは「素材」なんです。

と言うのは、素材の善し悪しによって財布の印象が全く別物になってしまうからです。

「あなたがお金持ちになりたいと願うなら、お金持ちのように振る舞うべし」

風水ではそう言われています。

お金がない=安い素材の財布を買うというのではなく、「お金持ちになるためにこそ、素材の良い高額な財布を買うのだ」と考えに切り替えてみるのもひとつの方法です。

金運は財布と同じイメージ

財布の印象は《素材に大きく左右される》と言います。

風水の考えでは財布は「お金の家」ですから、財布の印象がそのまま「お金の居心地」に直結しているのです。

つまり《持っている財布の印象=その人の金運》ということなんですね。

素材が良くて、高級感のある財布なら、当然サイズも大きいので、お金も居心地良くゆっくりと過ごすことができます。

すると金運もグングン上がっていきます。

しかし、ビニール素材などの安っぽい印象の財布だったら、お金は「なんだかここは狭苦しいし、ぺらぺらの床で、居心地悪くて、サッサとどこかに行っちゃいたい」と思ってしまうので、金運は下がる一方と風水では考えられるのです。

さて、今アナタが使っているお財布のイメージはどんなものですか?

手触りも良く、光沢があって、お金が「帰って来たい」「友達をいっぱい連れて来たい」と思ってくれるようなお財布ですか?

お手頃価格で購入した濡れても大丈夫なビニール製のお財布ですか?

友人が作ってくれた布製財布で、何年も使ってるお気に入りのお財布ですか?

慎重にも慎重を重ねて素材を選んで、お金がたくさんの友達(もちろんお金です)を呼び集めて来てくれるような、いい「お金の家」にしましょう。

牛革財布 ~サラリーマンやOLにぴったりの蓄える素材~

牛革古代中国において牛は豊かさの象徴でした。

政治、戦争など権力者が様々な場面で牛を屠って神事を行ったという記録は多々残っています。

権力者とつながりのある牛の革を使った牛革財布は風水的に「貯蓄運」がアップすると言われています。

なので、サラリーマンやOL、仕事をしている人にはぴったりです。

また、五行に当てはめると牛は「土」の気を持っているそうです。

全てを生み出す「土」の気を持つ牛革は「安定してエネルギーを蓄える素材」といいます。

日本では牛革のほとんどが輸入品ですが、世界的に見ると生産量は安定しているので、比較的安価な物も多いようです。

ただし、中にはカーフのような高級品もあります。

牛革は種類も比較的多いので、予算や、好きな手触りなど、選択肢が多いのも嬉しいですね。

カーフ

生後6ヶ月未満の子牛の皮を加工したもので、乳牛種の雄が多く用いられます。

薄手できめ細かく、柔らかくなめらかさが特徴です。

最上の牛革とされています。

お値段もそれなりということは、覚えておいてくださいね。

キップ

生後6ヶ月~2年の若い牛の皮から作られた革で、カーフよりは厚みがあります。

カーフの次に上質な革で、きめ細かくなめらかです。

カウ

英単語の牛と言ったらカウ。

一般的に牛を指す単語ですね。

生後2年くらいの出産経験のある雌牛の皮から作られる革です。

なめらかなのに厚みがあって丈夫なのが特徴です。

ステア

生後3~6ヶ月に去勢した、2才以上の雄の革から作られます。

厚手でカーフやキップよりも表面のキメは荒くなりますが、耐久性に優れています。

ブル

英語でオス牛を指す単語です。

そのとおり、生後3年以上の雄の皮から作られる革で、厚みがあり丈夫なのが特徴とされています。

馬革財布 ~ギャンブルに最適!直感と金運を逃がさない~

コードバン馬は十二支の一つなので、めでたい動物とされ、南の方位を司っています。

風水的に南は直感(インスピレーション)や美に関する方位とされているので、馬革で作った財布はインスピレーションが不可欠な「ギャンブル運」「女性の美容」に関する運をアップさせるといわれています。

また風水では馬蹄をその形からして「入ってきた良い物を逃がさない形」であると判断します。

そして開運グッズとして扱うので、馬は風水ではとても良いモチーフと思われているのです。

ただし馬は五行で「火」の気を持つと言われているので、注意も必要です。

お金に関連することは「火」の気があると、お金を燃やしてしまうから一気にお金を失ってしまうと言われることがあるのです。

風水師の先生たちの財布に関する本には「馬革の財布は良くない」とは書いていませんが、五行思想から考えると、馬革は直接お金を入れるお財布ではなく、バッグや、そのファスナーに付けるタッセルなど他のもので持っていた方が良いのかもしれません。

手に入る馬革の種類を紹介してみますね。

ホースハイド

馬の背の皮から作られた革で、牛革に比べると線維密度が低いので強度は劣りますが、柔らかくしなやかなのが特徴です。

ホースフロント

若い馬の首の皮から作られた革です。

なめらかで、きめの細かさが特徴です。

ポニーレザー

ポニーという小さな馬をご存じですか?

成長しても子どもくらいの背の高さぐらいのかわいい馬です。

この革はそのポニーの皮から作ったもので、柔らかく軽いのが特徴です。

コードバン

馬のおしりの部分の皮で、筋肉を動かしているためか、高い強度を持っています。

他の馬革は牛革より弱いのですが、このコードバンだけは牛革の数倍の強度があるそうです。

ただでさえ、生産量が少ない馬革の中でたった10%程度しか取れないこともあり、希少価値の高い革です。

高級ランドセルや財布に使われることが多く、使い込むと光沢が増してなめらかに美しくなるそうです。

これもいいお値段だということは想像がつきますね。

豚革財布 ~自営業者にぴったり!健康と家庭運上昇~

豚革

豚はたくさん食べてグングン育ち、一度に何匹もの子どもを産むことから風水では「健康運」「家庭運」を上昇させるモチーフとされています。

また、五行によると牛と同じように「土」の気を持ちますので、財布の素材としてもおすすめできる素材です。

豚革にはお金回りを良くするパワーがあるとされていますので、経営者・自営業者にはおすすめです。

日本国内での生産量が多く、輸出されるほどですから国内に流通している豚革はほとんどが国産と言えます。

豚革は軽くて摩擦に強く、しかも丈夫なので、バッグや財布の裏地にも向いている素材なんです。

よくわかる特徴としては表面に3つのポツポツした毛穴が1組になったものが規則的に並んでいます。

続いて意外と手に入りやすい豚革の種類を紹介します。

ピッグスエード

豚の皮を加工するときに裏側を起毛させたもので、豚革の特徴である毛穴が目立たなくなります。

高級感があるので、人気の素材です。

アメ豚

豚の皮を加工するときに、タンニンを使ってなめし、アニリンという染料を使って飴色に仕上げた革です。

人気の理由は、「使い始めは明るいキャメル色なのに、使っていくうちに段々と深みを増した良い色になっていくのがステキ!」とのことです。

蛇革財布 ~経営者にぴったり!お金の流れを良くする~

パイソン蛇は風水によると「もめ事を回避する」「人間関係が良くなる」モチーフとされています。

しかも五行では「金」の気を持つと言われているので、蛇革財布は正に金運アップ用の財布になると思われます。

ただし、注意しなければならないことがあるんですね。

↓ページ分割していますので2ページ目へどうぞ↓