ピンクの財布で運気を変える?人間関係がお金を育てる~金運と幸せ~

将来への不安「お金や貯金はゼロじゃない」

「でも何か足りない気がする…」

「病気とかケガとか、何かあったら全然足りない…」

そんなふうに生活資金に不安を感じている人がここ数年増えているということは、統計にも示されているようです。

それはリストラや増税、年金はもらえるのかという心配など、将来の社会への漠然とした不安がもたらすものだと思います。

最近の社会情勢を考えると、それは仕方のないことかも知れませんが、心が不安で一杯だったら、ストレスがたまって、運気も下がってしまいます。

そんな状況を変えてくれるかもしれない開運アイテムとして、この記事ではピンクの財布を紹介します。

特に女性に読んでいただきたい内容です。

 

ピンク色の活用

ピンクの柔らかさピンクは女性特有の柔らかさや、初々しさを印象づける力を持っています。

身の回りにピンクのものを置いたり、身に着けたりすることで、心が穏やかになり、恋愛運がアップしたり、周りの人と良い人間関係が築けるようになると言われています。

人と繋がることで効果を発揮する色とされていますので、人が集まるところや、人前に出るときにピンクを意識して小さい物を身につけたりすると、ふんわりと柔らかいイメージや、女性らしさが演出できるはずです。

「ピンクを男が着るのは…」と思うかも知れませんが、男性でもピンクを上手く使えば、自分の周りの空気を柔らかくできると思いますよ。

何も全身ピンクの衣装で統一するわけではないのですから。

 

人間関係を良くする色

人間関係風水によるとピンクは「良い人間関係を象徴する色」なんです。

金運とはちょっと離れているんじゃないかと感じるかも知れませんが、人間関係は生活の豊かさにつながって行きます。

そして生活の豊かさは心や金銭的に貧しくては得られないですよね。

と言うことで、ピンクは「良好な人間関係から金運を運んでくる」色なのです。

ピンクの財布を手にしたら、他の人からの情報やつながりを今まで以上に大切にすると、金運はアップしますよ。

 

仕事運も上げてくれる色

仕事運仕事ともつながりがある色がピンク。

ですから、仕事が成功して収入アップにつながることが期待できる色でもあるんです。

取引先を大事にしたので大きな契約が取れた、職場で他の人の信頼を得てリーダーに大抜擢された、自分の仕事が評価されて、ボーナス査定が上がったなどの効果が期待できますね。

 

育てる色

育てる女性らしさや母を象徴するときによく使われる色がピンクですね。

と言うのはピンクには「育てる」という意味が含まれているからなんです。

なので、風水で「お金の住みか」と言われるお財布をピンクにすると、子どもを見守る母のように優しく温かい大らかな気持ちでお金を育てることができるとされています。

 

女性の運気を上げてくれる色

ピンクのワンピースふんわりと、優しく女性らしいイメージのあるピンク。

女性を愛らしく、かわいらしく見せてくれる色でもあります。

ピンクを身に着けると、その女性は周りから守ってあげたいと思われると言われています。

「合コンの勝負服にはピンクのワンピースを!」と書いてある雑誌を見たことがありますが、これにもしっかりとした裏付けがあるんですね。

ピンクは人とのつながりの中でこそ、効果を発揮し、女性の運気を総合的にあげてくれる色ですよ。

 

色の濃さで効果が違う

ピンク色の濃さピンクといってもショッキングピンクのようなはっきりした目立つ色から、桜の花のような淡いピンクまで様々な色があります。

サーモンピンクという鮭の身にちなんだピンクもあります。

そんなピンクは色の濃さで効果が異なり、濃いピンクほど効果が強いと言います。

濃いピンクは、ここぞという勝負時におすすめですね。

華やかで活動的になり、積極的に人間関係を広め、金運を呼び込むそうです。

同年代の結婚式でショッキングピンクのドレスなどを着ると、新郎側の友人と知り合ったりするかも知れませんよ。

また、淡いピンクには癒やし効果や美容効果があるそうです。

目立たない、穏やかな色なので、周囲の人にも受け入れられやすくなるそうです。

そうすることによって友人も増えて、金運も上がると思われます。

 

恋愛・結婚の象徴

ピンク色の財布恋愛・結婚の象徴でもあるピンク。

そのお財布は風水によると独身者には玉の輿を暗示してくれますし、既婚者には主人の収入アップの暗示があるそうです。

「玉の輿」にしても「夫の収入アップ」にしても、不労所得と言いますか、棚ぼた的なものではありますので、アンテナをあちこちに広く張り巡らして、ここぞと言うときに金運を逃さないようにしたいですね。

 

ピンクの財布で運気を変える?人間関係がお金を育てる~金運と幸せ~まとめ

いかがでしたか?

自分で運気を開き、金運アップにつなげてくれる黄色や金色とは違って、ピンクは良好な人間関係から金運アップを目指す色なんです。

切り開くのではなく、金運が転がり込んでくるのを静かに待っているようなイメージと言った方が似合うでしょうか。

遠回りではありますが、堅実と言った感じですね。

ピンクの効果は金運だけではなく、継続的に全体運を上げてくれることが期待できる色と言えるかも知れません。

やはり、特に女性には欠かせない大事な色ですよね。

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ