財布のサイズで吉凶を占う~金運アップと散財に関わる重要な要素~

春財布の季節金運アップの方法の一つとして、よく言われるのが「春財布」ですね。

季節の「春」と、お金で入ってパンパンになって財布が「張る」というのをかけたのが「春財布」です。

春に求めた財布は縁起がよくて、金運アップにもつながってくれると思われています。

その噂を知っているのか、いないのか不明ですが、新学期、新スタートに合わせて春先にお財布を買い換える人は確かに多いようですね。

財布は購入時期とか、色とか、形とかによって、金運と強く結びつくと言われますので、選び方には多くのポイントがあるのです。

金運をアップさせたいから、新しい財布を買おうと考えているアナタ、どうせならとことんまでこだわってみませんか?

この記事では、意外と知られていない財布の大きさと金運との関わりを紹介したいと思います。

 

財布のサイズで吉凶を占う

財布のサイズ風水においては色が様々な意味を持っていますが、同様に数字にも意味があるのです。

長さの吉凶を占うときに、風水では魯班尺(ろはんじゃく・中国古代の建築大工の達人と呼ばれた魯班が考案したと言われる)というメジャーを使います。

※写真は魯班尺ではありません。イメージです。

財布のサイズによって、もたらされる運気が違ってきますから、金運に良い大きさの財布を選ぶようにするのが重要なポイントですね。

財布の縦・横・奥行きサイズが金運をアップしてくれるサイズになるようなお財布を選びましょう。

☆マークがオススメサイズ、★はちょっと避けて欲しいサイズです。

  • ☆1cmなら高級官僚になる、成績優秀(丁/及第)
    とても小さい財布ですが、効力があるなら買いたいという就活中の方もいらっしゃるかと思います。ところで、このサイズにはお札はもちろん、硬貨も入らないようですから、お守りとして持ち歩くようなものになるのでしょうか?
  • ☆2cmなら高貴な子を授かる(丁/財旺)
    俗に言う「鳶が鷹を産む」という状態になるんでしょうか。
  • ☆3cmなら試験に合格(丁/登科)
    受験生へのプレゼントには最適な財布だと思います。
  • ★4cmならトラブル、噂(害/口舌)
  • ★5cmなら家族が病になりやすい(害/病臨)
  • ★6cmなら家族が重病になりやすい(害/死絶)
  • ★7cmなら意外な災難に遭う(害/災至)
  • ☆8cmなら貴人の助けを受ける(旺/天徳)
  • ☆9cmなら貴人と共同作業をする(旺/喜事)
  • ☆10cmならクジ運が強い(旺/進宝)
    宝くじを買うときに、この財布から代金を払うと効果がありそうです。
  • ☆11cmならすべて順調に運ぶ(旺/納福)
    「我が世の春!」状態になるのかも。
  • ★12cmなら物をなくしやすい(苦/失財)
  • ★13cmなら裁判沙汰多い(苦/官鬼)
  • ★14cmなら財産を奪われる(苦/劫財)
  • ★15cmなら跡継ぎがいない(苦/無嗣)
  • ☆16cmならすべて順調に運ぶ(義/大吉)
    これ自分の思い通りに物事が進むということで、「我が世の春」を謳歌できますね。
  • ☆17cmなら財がどんどん入る(義/財旺)
  • ☆18cmなら少ない元手で大きな利益(義/益利)
    経営者、自営業者の方にふさわしいのでは?
  • ☆19cmならお金が貯まりやすい(義/天庫)
    これは万人向けですね。
  • ☆20cmなら名も財も得る(官/富貴)
    鬼に金棒ですか。
  • ☆21cmならクジ運が強い(官/進宝)
    この財布も宝くじを買うときに使いたい財布ですね。
  • ☆22cmなら努力せず財を得る(官/横財)
    濡れ手に粟というべきでしょうか、「この財布、欲しい!」という人が一番多いような気がします。
  • ☆23cmなら試験の成績が優秀(官/順科)
    就職試験などの前に手に入れたい財布ですね。

以上のことから、おすすめのサイズは8~10㎝、17~21㎝とわかります。

これらの大きさの財布は「お金が貯まる」「お金がどんどん入ってくる」「くじ運アップ」などの意味を持っています。

その他にも「お金が努力せずに入ってくる」と言われる22㎝も良いですね。

絶対避けたいサイズは12~15㎝の財布。

お金が入ってもすぐに無くしやすいとか、失ったら次が入って来ない、加えて金銭トラブルの危険性も暗示していますね。

4~7㎝もトラブルや災難、病気を暗示する数字なので避けたいものです。

こう考えると、サイズも無視できない重要な要素だとおわかりですね。

今まで財布はサイズの善し悪しなど深く考えずに購入していた人が多いと思いますが、今後は購入するとき、お店に定規を持って行く必要があるようですね。

 

開運財布の吉凶を調査してみる

開運財布前述のデータをもとに、一番売れている財布のサイズを調査してみました。

ネット通販で女性に一番人気の財布は長財布で、タテ11cm・ヨコ19cm・厚さ2cmサイズで、タテとヨコはオススメサイズにちゃんと収まっています。

男性に売れている財布もタテ10cm・ヨコ19㎝・厚さ2㎝サイズなので金運に問題のある数字は出てきません。

そして金運アップの視点では、お札を折ることになる二つ折り財布はやめて、長財布の方が良いとされていますが、サイズから見てみると一般的な二つ折り財布の大きさはさほど問題にはならないようです。

ちなみに一般的な財布のサイズよりちょっと大きくはなりますが、24㎝は金運アップのポイントとなる数字なのでバッグからの出し入れの難しさなどを別にすれば良いサイズの財布です。

43㎝や53㎝は散財を表すので、避けたほうがよい数字となります。

まあ、43㎝や53㎝の財布は大きすぎて使いにくいし、目立ちますからあえて使う人はいないと思われます。

その前にこのサイズのお財布が存在するのかも不明ですが。

 

財布のサイズで吉凶を占う~金運アップと散財に関わる重要な要素~まとめ

色が気に入ったから、手触りが好きだから…などという理由でお財布を選ぶ方は多いでしょう。

ただ、その選択肢の中に「大きさ」も考えてみてはいかがでしょう?

せっかく気に入った財布に金運をアップしてくれるというパワーが付いていたら、もっともっと大事に使ってあげることができるのではないでしょうか?

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ