銭亀~甲羅の紋様の六角形は吉兆を表す図形~寛永通宝と天保通宝

銭亀「鶴は千年、亀は万年」という長寿を意味する言葉はご存じかと思います。

昔話の『浦島太郎』にも出てくる亀は、日本だけではなく中国などでも長寿を象徴するめでたい動物として尊重されています。

亀が持つご利益はかなり大きいと思われます。

今回はそんな亀についていろいろと調べてみました。

 

亀の御利益

中国の亀伝説亀の体をよーく見ると、上側の甲羅はまるで天のようにまあるくカーブしていますね。

逆に下側の甲羅は大地のように平らになっています。

このことから、中国では、亀は【背中の上に天地を乗せて運ぶ生き物】とされています。

亀の甲羅が生まれつき球のような形になっている理由には多くの説があるようです。

ちなみに、球形は宇宙からのエネルギーをより多く集めやすい形と言われているので、【天を乗せている】と思われたのでしょう。

そんな球形を持つから、亀には不思議な力(長寿や堅固な守り)があると言われ、尊重されてきたのでしょう。

古代から亀は【長寿の象徴】あるいは【夫婦円満の象徴】とされてきました。

この理由は中国古代の思想書『准南子説林訓』に記されている伝説が元になっているそうです。

 

銭亀と金運

銭亀の甲羅『ウサギとカメ』ではありませんが、亀は動作が鈍いです。

しかし、守備が堅いというシンボルとして用いられたり、銭亀(甲羅の模様が江戸時代の銭に似ている)という種があることから、金運の御利益があるとも言われているのです。

亀はその甲羅に文字を刻んだり、書いたり、甲羅を火にくべてできるひび割れによって吉凶を占ったりと、人間がこれからの運命を知ろうとするときに、頼る存在でもありました。

日本でも銅鐸などの祭器に亀の図柄が見受けられますから、やはり人間が頼っていたものと思われます。

 

おとぎ話の亀

浦島太郎『浦島太郎』の話では亀は龍宮城のお使いとされていますが、古代中国では逢莱山(仙人が住む不老長寿の地と思われていました)のお使いとされ、非常にめでたい動物と思われていたようです。

前述のように日本でも「亀は万年」と言われ、鶴とともに【長寿を象徴する吉祥の動物】とされ、めでたい生き物として尊ばれています。

甲羅の紋様の六角形は吉兆を表す図形とも考えられていたようです。

 

亀と金運

うさぎとかめ亀といえば龍宮城の使いで、助けてもらったお礼に浦島太郎を海の中に導く案内役ですね。

また『ウサギとカメ』の童話では、歩みはのろいけど、ウサギが休んでいる間にコツコツと前進し、最終的にはちゃっかりウサギよりサキにゴールしてしまうというエピソードを思い出す方も多いでしょう。

でも、背中の甲羅が吉兆を表すということはあまりなじみがないことだと思います。

中国ではことにかなり神聖な生き物と見なされているようです。

亀の長生きにあやかりたいと長寿の縁起物として扱われたり、銭亀という種類があるので、金運上昇の縁起物としても扱われることが多いのです。

また、ゆっくり歩く姿も、スピードを要求される日々を送る現代の人間にゆったりとした安らぎを感じさせてくれるようで、【癒し】として飼う人も多いようです。

 

銭亀って?

天保通宝タイトルにもなっている銭亀というのは【イシガメ】の小亀を俗称ゼニガメ(銭亀)と呼ぶそうです。

と言うのは、イシガメの甲羅の模様が、新寛永通宝(1668年以降に鋳造されたもの)一文銭に似ているからだと言われています。

また小亀の大きさや形が、楕円形の天保通宝(1835年鋳造)百文銭に似ているからという説もあるんです。

実は、亀の甲羅の模様が小判の原型モデルだったとも言われています。

このように、俗称ですが銭亀という種類の亀が実際にいること、昔の長者(金持ち)は瓶(カメ)に銭を貯め込んで、床の下に隠したと噂されていたことから、現在も亀は金運の縁起物と考えられているのです。

 

銭亀~甲羅の紋様の六角形は吉兆を表す図形~ まとめ

寛永通宝縁起物、長寿のアイテムとして知られる亀ですが、金運にも効果的ということがわかりますよね。

確かに【銭亀】がいたら、その甲羅にお金を乗せて、のしのしと運んでくれそうです。

天のエネルギーを受ける甲羅に、金運も積んで運んで来てくれるよう、神社の亀を大事にするとよいでしょう。

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ