ガルーシャ財布

エイ革(ガルーシャ)の財布について金運的にはどうなのか?という質問がありましたので、記事にしてみようと思います。

金運アップの財布の素材というと、ワニ革や蛇革、トカゲ革など、いわゆる爬虫類革が主流でしたが、最近ではゾウ革、サメ革、エイ革など多種多様な革製財布を見るようになりました。

特に海洋生物であるサメ革とエイ革には興味のある方も多いのではないでしょうか?

エイ革は、主にアカエイやガンギエイなどの皮をなめしたもので、ヨーロッパではガルーシャ、英名ではスティングレイと呼ばれています。

大きく以下の4つの特徴があることで人気の財布となっています。

  • 汚れや傷に強い
  • 丈夫で型崩れしにくい
  • 高い技術を必要とし希少性が高い
  • 縁起が良い

ここで一番気になるのは縁起が良いということでしょうか。

金運を下げるような働きのある財布はもちたくありませんから、真っ先に注目する点となります。

エイ革の財布で金運を招くには?

エイ革(ガルーシャ)は、五行でいう「水の気」を持つとされています。

この「水の気」は、金運アップに欠かせない「金の気」を増幅させる働きがありますので、金と水の相性は善いといえます。

「金の気」を代表する色といえば、「白色」ですから、白色のエイ革の財布が最も金運アップに効果的でしょう。

また、風水では「水の気」は、恋愛・結婚・子宝運をを持つとされていますので、女性の方ならほのかなパステル調のピンク色も効果的ですね。

神の眼 スティングレイハート

神の眼
画像出典:BAHARI

エイ革の特徴として、ひと目でわたしたちを惹きつけるのは【スティングレイハート】と呼ばれる美しい文様です。

スティングレイハートとは、エイの背骨の中心にあたる部分に一箇所のみ存在する大きな鱗文様を指します。

この美しい模様は、真珠に見立てて「海の宝石」、あるいはひときわ目立つことから「星」とも呼ばれています。

また、東南アジアでは、このスティングレイハートが眼のように見えることから「天眼」とも言われ、先を見通す千里眼の力をもつと信じられています。

このことからエイは、「神の眼」を持つ幸運の海洋生物として信仰の対象になることもあるそうです。

エイの革の財布を選ぶときには、必ずこのスティングレイハートを生かしたデザインのものにすると善いですね。

エイ革の財布は汚れや傷に強い

エイ革(がルーシャ)は、エナメル質に仕上げられていますので、汚れにくく、傷に強い素材といえます。

特に、金運アップに優れた白い財布は、汚れが気になるところです。

それが、白色のエイ革財布だと、一度購入すると、傷みにくいので、ほとんどお手入れする必要がありません。

白色の財布といえば「白蛇の財布」が金運アップ財布として代表的なものではありますが、こういった汚れを気にせず使える白い財布はとても魅力的です。

武士が好んだ丈夫で型崩れしにくい素材

鮫皮巻
画像出典:http://busou2.sakura.ne.jp/20110713-18.html

江戸の頃から刀の柄には、サメ革を巻き、その上から組み紐を巻くという技法が用いられてきました。

これを鮫皮巻といいます。

また、鮫胴といって剣道の高級防具にもサメ革を使用した胴があります。

このサメ革というのは、実はエイ革のことなのです。

日本では、古くからエイ革のことをサメ革と呼んでおり、この素材の美しさと耐久性から刀や剣道に用いられてきました。

むかしはクジラをワニと呼んで混同されていたといいますが、エイとサメも混同されていたようですね。

エイはサメの近縁にあたるので、遠からずといったところでしょうか。

また、先ほど紹介したスティングレイハートを「親粒」や「星」と呼び、滑り止めと見た目の美しさを備えていることから武士に好まれた素材だったのです。

戦国時代では水をはじくように漆塗りにしていたそうですが、江戸時代になると加工技術が進歩し、白い鮫皮巻が最も武士に好まれるようになったといいます。

江戸期といえば縁起物が盛んな時代ですから、もしかすると幸運のアイテムとして「白いエイ革」が広まっていたのかもしれませんね。

高い加工技術が必要な稀少な素材

エイは、よく見かける海洋生物ですので、ワニ革や蛇革のような希少素材ではないと思うでしょう。

実は、日本近海では用途にあったエイが捕獲できなかったそうで、戦国時代から輸入物に頼った貴重な素材だったようです。

また、エイ革(ガルーシャ)は、丈夫であることから、なめしや縫いにも高い加工技術が必要といわれています。

この加工のしにくさと生産量の少なさ故に、エイ革の財布は加工工程が増えるに従って価格が割高になる財布ともいえます。

しかし、考えようによっては、財布の寿命である1000日を過ぎても、しっかり休ませてあげることで、さらに数年使用することができる高耐久の財布なので、技術力の高い専門店で選ぶことをおすすめします。

エイ革の財布の専門店をお探しでしたらこちら↓のリンクを活用してください。

財布の素材で言うとあまりメジャーではなかったエイ革が、いま人気の素材となっている理由がおわかりいただけたでしょうか。

先を見通す「神の眼」をもつ「エイ革(ガルーシャ)」の財布と金運アップについての関係をお伝えできたら幸いです。

※この記事の写真画像はBAHRIから引用しています

わたしがなぜ、金運アップの研究をしているかというと、あるきっかけがあったからです。

私の友人は、ロト6の攻略をしていました。

ロト6の1等当選確率は600万分の1と言われていますが、数字を自分で選ぶという仕組み上、攻略できるように思えたのでしょう。

しかし、600万分の1っていったら、ほぼ運ですよね。

そこで私が思ったことは「ロト6を攻略するよりも金運を上げたほうが早いのではないか?」ということでした。

そして、金運アップの研究をするうちに、「貧乏には原因と結果がある」ことに気づきます。

これらの原因を追求していくうちに、わたしの心が豊かになり、「金運とはこういうものだったのか」と気づいたのです。

それは「金運アップしてどうするのか?」ということです。

金運アップといってもスピリチュアルなことばかり言われてもわからないでしょ?

金運アップは精神世界のものごとではありません。

現実世界のものなので全ては「原因と結果」があります。

わたしは、これを伝えたいと思い、メルマガを配信することにしました。

開運日カレンダーに十二直、二十八宿、それぞれの吉凶をわかりやすく表示し、簡単に吉凶の判断ができるような新カレンダーを制作しています。

これに伴い、「開運日カレンダー」はメルマガ会員限定のサービスとさせていただくこととなりましたことをご了承ください。