在宅ワーク副業で不労所得

主婦の副業や在宅ワークが流行っていますが、これらは主婦だけのものではありません。

サラリーマンなどの労働者の間でも副業が流行っています。

いままでは、副業が禁止されていた会社でも、副業が解禁されたり、肯定する動きもあります。

そもそも、サラリーマンの目標年収と言われている年収1,000万ですが、これを実現するのはかなり難しいことですよね。

※2020.04.07追記

また、リーマンショックやコロナショックのように経済の危機、会社の危機に直面した場合に、国や会社に守ってもらおうという考えは既に過去のものです。

自分の生活は自分で守る。

そのためにも自分のスキルや趣味を活かすことを考えたほうがいいでしょう。

結論として今以上の収入を得るには副業が一番の近道といえるでしょう。

一方で、学校が休校になったことで給食が停止され、製造会社はみな悲鳴をあげました。

ただし、フリーランスでは、その収入をひとつ会社の案件に依存していることが多々あります。

フリーランスは常に仕事を失う危機感との隣合わせにあることも同時に知られることとなったのです。

この問題を解決しようと立ち上げられたのが副業支援サイトです。

いきなり外回りに時間を取られる営業を副業とするのは難しいかもしれませんが、実績を積むことでフリーランスとして活動することも可能です。

収入を上げたければ、副業をメインにして、サラリーマンを副業にしたほうが効率がいいですね。

不労所得を得るには、サラリーマンがどんな副業を選ぶべきか?

現在人気の副業は、在宅でできるものが多いですね。

今までのようにアルバイトに行って労働に労働を重ねても、辞めたとき、働けなくなったときには何も残りません。

そもそもサラリーマンが簡単に年収が上がったらセミリタイアが増えて働くひとがいなくなりますからね。

言い換えれば、会社というのはサラリーマンが一生に必要な金額しか与えないようにしているとも言えます。

ちょっと言い方が強引すぎましたか。

しかし、これに比べて在宅ワークでの副業は資産になるものが多いことが特徴です。

どうせ副業をするなら、いずれセミリタイアを目指すつもりで資産になる副業をするほうがいいですよね。

コロナウイルスによる緊急事態宣言や通勤状況をみると、今後在宅ワークへ移行する人が増えてくると思います。

サラリーマン生活でのスキルを生かしたフリーランスで在宅ワークができる場合は通勤の心配はありません。

身についたスキルは裏切らない

イラスト、バナー作成、などAdobeソフトを使ったスキルがある人、またCADソフトなどを扱った経験のある人は、クラウドソージングですぐにでも副業が見つけられます。

また、クラウドソーシングでは近年、ライターや動画編集の募集が多いのも特徴です。

YouTubeやブログで収益を得ようとすると、毎日投稿する必要があるため、運営者はライティングや編集を外注する傾向があります。

特に趣味レベルでも「文章が書ける」「イラストが描ける」「動画編集ができる」といった特技がある方は、クラウドワークスのようなクラウドソーシングサービスを利用するとすぐに仕事を見つけることができるでしょう。

ただし、動画編集ではYouTubeなどのアップデートにより、発注者の収入が激減した場合、急に仕事が途切れるといったことがあるかもしれません。

仕事の受注が一箇所に依存している場合は、インフルエンザやコロナウイルスのような感染症や災害が起こった時に一気に仕事が無くなる可能性もあります。

最初は一箇所で実績を作り、その後すこし単価は低くても仕事を分散させていくことをおすすめします。

のちには、自分で運営していくためにも、まずスキルを身につけるのもいいかもしれません。

これらの副業で得たスキルは、これからの世の中を生きていく上で必ず資産になるといえるでしょう。

不労所得 簡単に始められるSNSアフィリエイト

資産になる副業は、数多くありますが、初期投資が少額で簡単に始められるのがSNS、メルマガ、ブログです。

SNSとメルマガは似た部分がありますね。

実際、Twitterで10万人のフォロワーがいるような人は、かなりの影響力を持っているので、SNSやメルマガ自体が資産となります。

YouTubeは、チャンネル登録数が1,000人を超えると閲覧数に応じて広告が表示されます。

多くのブロガーやYouTuberが年収1,000万を超えていますが、この収入の主な内容は広告費です。

この広告収益ばかりに目が向くかもしれませんが、容易にSNSに誘導できるのも大きなメリットです。

もちろんYouTube同様、SNSやメルマガの登録数が増えるとアフィリエイト自体がしやすくなりますよね。

こういった登録者数が大きな資産となるわけです。

この登録数を増やす起点となるのが、ブログやYouTubeといったところでしょうか。

「全くの未経験から無料ではじめて多額の収入をえることができる」というのがSNSなどを利用したアフィリエイトですが、デメリットもあります。

アフィリエイトは、手堅く収益を上げることはできますが、案件そのものが終了することが多いのです。

特に良い案件ほど、短期間で終了してしまうといってもいいでしょう。

この案件が終了するデメリットを補うように登場したのが「不労所得アフィリエイト」というものです。

参加費用1,000円が必要ですが、2ティア報酬もあり、LINEなどで簡単に初められることから今流行の副業ではあります。

SNSを使ったアフィリエイトは、初期投資が必要ないのでこれからはじめる人は多いと思いますが、わたしの経験上、成約はかなり難しいと感じました。

不労所得 資産になるといわれる副業

ブログの場合は、無料ブログもありますが、資産にするという考えならいつサービスが終了するかわからない無料ブログはおすすめできません。

もし、本気でブログ運営をやっていくなら、レンタルサーバー、ドメイン、テーマ、解析アプリなど5万円くらいの初期投資は考えておいたほうが良いですね。

簡単に始められるとはいえ、ブログは更新頻度が鍵となります。

なかなか検索数、閲覧数が伸びず、挫折してしまう人が多いのも事実です。

簡単に始められるけど、副業として収益化するにはかなりの努力が必要です。

ただ、メリットとしては自分の趣味の分野を活かせる点です。

書きたくもないニュースや、商品のウリ文句を書くのではなく、趣味を生かした記事を書くことは楽しみながらできる副業といえます。

これが在宅ワーク副業の醍醐味ですよね。

とはいえ、この資産が永久的に続くわけではありません。

放置していると、記事の情報は古くなり腐っていきます。

ですから、適度な手直し、追加は必要になってきます。

本気でがっつりはじめるなら運営者、副業で収入を得ながらスキルを身につけるならクラウドワークスということになるでしょう。

不労所得ブログの収入について

ブログの場合、ただ運営しているだけでは収益を得られません。

ブログでの収益は、アフィリエイトが主な収入源となります。

アフィリエイトのサービスプロバイダは有名所で「A8.net」などがあります。

わたしの経験上、おすすめできる副業とは

結局のところ、資産がない上で資産構築及び、不労所得を得るための副業は、YouTubeかブログアフィリエイトが有力候補となります。

どちらも険しい道程ですが、その経験は必ずスキルとして役立つのも間違いありません。

↑↑↑ フォロー&シェアよろしくおねがいします!! ↑↑↑


わたしがなぜ、金運アップの研究をしているかというと、あるきっかけがあったからです。私の友人は、ロト6の攻略をしていました。

ロト6の1等当選確率は600万分の1と言われていますが、数字を自分で選ぶという仕組み上、攻略できるように思えたのでしょう。

しかし、600万分の1っていったら、ほぼ運ですよね。

そこで私が思ったことは「ロト6を攻略するよりも金運を上げたほうが早いのではないか?」ということでした。

そして、金運アップの研究をするうちに、「貧乏には原因と結果がある」ことに気づきます。

これらの原因を追求していくうちに、わたしの心が豊かになり、「金運とはこういうものだったのか」と気づいたのです。

それは「金運アップしてどうするのか?」ということです。

金運アップといってもスピリチュアルなことばかり言われてもわからないでしょ?

金運アップは精神世界のものごとではありません。

現実世界のものなので全ては「原因と結果」があります。

わたしは、これを伝えたいと思い、メルマガを配信することにしました。

開運日カレンダーに十二直、二十八宿、それぞれの吉凶をわかりやすく表示し、簡単に吉凶の判断ができるような新カレンダーを制作しています。

これに伴い、「開運日カレンダー」はメルマガ会員限定のサービスとさせていただくこととなりましたことをご了承ください。