在宅ワーク副業で不労所得

主婦の副業や在宅ワークが流行っていますが、これらは主婦だけのものではありません。

サラリーマンなどの労働者の間でも副業が流行っています。

いままでは、副業が禁止されていた会社でも、副業が解禁されたり、肯定する動きもあります。

 

そもそも、サラリーマンの目標年収と言われている年収1,000万ですが、これを実現するのはかなり難しいことですよね。

しかし、副業からスタートして年収1,000万を超えることができます。

多くのブロガーやYouTuberが年収1,000万を超えていますが、この収入の主な内容は広告費です。

収入を上げたければ、副業をメインにして、サラリーマンを副業にしたほうが効率がいいですね。

 

 

どういう副業を選ぶべきか?

現在人気の副業は、在宅でできるものが多いですね。

今までのようにアルバイトに行って労働に労働を重ねても、辞めたとき、働けなくなったときには何も残りません。

そもそもサラリーマンが簡単に年収が上がったらセミリタイアが増えて働くひとがいなくなりますよね。

言い換えれば、会社というのはサラリーマンが一生に必要な金額しか与えないようにしているとも言えます。

ちょっと言い方が強引すぎましたか。

しかし、これに比べて在宅ワークでの副業は資産になるものが多いことが特徴です。

どうせ副業をするなら、いずれセミリタイアを目指すつもりで資産になる副業をするほうがいいですよね。

 

資産になる副業

資産になる副業は、数多くありますが、初期投資が不要で簡単に始められるのがSNS、ブログ、メルマガです。

SNSとメルマガは似た部分がありますね。

実際、10万人のフォロワーがいるような人は、かなりの影響力を持っているので、SNSやメルマガ自体が資産となります。

この登録数を増やす起点となるのが、ブログやYouTubeといったところでしょうか。

ブログと言ってもライターとサイト運営があり、YouTube でも運営者以外に動画編集といった仕事もあります。

 

スキルを身につける

ライターや動画編集は、近年募集が多いのも特徴です。

YouTubeやブログで収益を得ようとすると、毎日投稿する必要があるため、クラウドワークスのようなクラウドソーシングサービスを利用するとすぐに仕事を見つけることができるでしょう。

後には、自分で運営していくためにも、まずスキルを身につけるのもいいかもしれません。

これらの副業で得たスキルは、これからの世の中を生きていく上で必ず資産になるといえるでしょう。

 

資産を活かす

YouTubeは、チャンネル登録数が1,000人を超えると閲覧数に応じて広告が表示されます。

この広告収益ばかりに目が向くかもしれませんが、容易にSNSに誘導できるのも大きなメリットです。

しかし、ブログの場合、ただ運営しているだけでは収益を得られません。

ブログでの収益は、アフィリエイトが主な収入源となります。

アフィリエイトのサービスプロバイダは有名所で「A8.net」などがあります。

もちろんYouTube同様、SNSやメルマガの登録数が増えるとアフィリエイト自体がしやすくなりますよね。

こういった登録者数が大きな資産となるわけです。

 

不労所得とは

簡単に始められるとはいえ、ブログやYouTubeは更新頻度が鍵となります。

なかなか検索数、閲覧数が伸びず、挫折してしまう人が多いのも事実です。

簡単に始められるけど、副業として収益化するにはかなりの努力が必要です。

一度成功したブログやメルマガは資産となり、何もしなくても収益を生むようになります。

これらを成し遂げた人だけが不労所得を得られるのです。

これが在宅ワーク副業の醍醐味ですよね。

 

アフィリエイトのデメリット

ブログアフィリエイトが不労所得になるのか?

といえば、そうではありません。

アフィリエイトは、手堅く収益を上げることはできますが、案件そのものが終了することが多いのです。

特に良い案件ほど、短期間で終了してしまうといってもいいでしょう。

この案件が終了するデメリットを補うように登場したのが不労所得アフィリエイトというものです。

短期で大きな案件だけでなく、長期的に利益を生む案件だけを厳選したアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)です。

 

不労所得アフィリエイト

結局のところ、資産がない上で資産構築及び、不労所得を得るための副業は、YouTubeかブログアフィリエイトが有力候補となります。

どちらも険しい道程ですが、その経験は必ずスキルとして役立つのも間違いありません。

不労所得アフィリエイトは早く始めたほうが有利なシステムとなっています。

参加費用がかかりますが、登録費用1,000円を惜しむならやめたほうがいいですね。

※ 2019年9月23日 このサイトからは「紹介パートナー」として無料で登録できるようになりました。

無料で登録したい方はこちらのリンクから登録してください。

副業の選び方について、辞めたら終わるアルバイトを選ぶか、不労所得を目的とした資産構築を選ぶかは人それぞれです。

ただし、副業を本業として、サラリーマンを副業にしないかぎり、永遠に労働の対価をえるだけなのは、みなさんもわかっているはずです。