十五夜

潮の満ち引きはもちろん、人間の精神にまで作用する満月。

その神秘のパワーは、財布の中身にまで影響すること、ご存知でしたか?

満月のように、金運効果でまるまるとした財布を作る、おまじないをチェックしてみましょう。

満月に秘められた金運パワー

満月は、言わずとしれたまんまるな月のこと。

望月、十五夜、フルムーンなど、さまざまな名称がありますね。

もともと月には、人を魅了する不思議な力がありました。

ギリシャ神話のアルテミス、日本神話のツクヨミなど、月を神格化した神の話は、世界中に存在します。

そんな満月に秘められているのが、ものを「満たす」ちから。

月が満ちるに従って高められた力は、満月の日に降り注ぎます。

そして、満月の光を受けたものには、「満たす」力が宿ると信じられています。

つまり、お金にまつわる物を、満月の光にあてれば金運パワーも上昇するのです。

財布や通帳、キャッシュカードなどに「満たす」力が宿れば、中身も満ちていくことでしょう。

満月と財布のおまじない

満月の力で、財布の金運効果を上昇させるものは、いくつかあります。

好みの方法を実践しても良いですし、組み合わせて相乗効果を狙ってみるのも良いでしょう。

ポイントは、満月への感謝の心を持って行うことです。

財布に月光浴をさせる

愛用の財布を、満月の光がよく当たる場所に、一晩置いておきます。

このとき、中身を出しておくと、「満たす」力が充填されやすくなります。

クレジットカードや領収書など、出費につながる物にパワーを与えることを防ぐ意味もあるので、忘れないようにしましょう。

金運がアップする長財布の使い方を教えます!~お札と小銭は異なる気を持つ~お金持ちの財布の中身!薄いのが特徴!お札や小銭を入れる場所にも要注意

財布を振る

こちらは、中身を出した財布を、満月の光の下で振るものです。

振る回数は、数回ほどで十分なので、月光浴よりお手軽ですね。

「収入がありました。ありがとうございます。」など、お金に関する願いを完了形で口にすると、さらに良いと言われています。

どちらの方法も、月に1回、満月の前後24時間という時間帯に行うのがベストです。

ちなみに、満月のパワーは天候には左右されません。

雨でも台風でも大雪でも、財布に届きます。

気分的には、キレイな満月が見える日のほうが、効果がありそうですけどね。

日本人には相性バツグン?

日本には、古来より月を愛でる「月待ち」という風習があります。

夜の明かりが増えた現代でこそ、少なくなりましたが、十五夜のお月見などが伝えられていますね。

このほかにも、十六夜(いざよい)・十七夜(たちまちづき)・十八夜(いまちづき)といった、月に関する表現が豊富なことも、日本人と月の関係が深かったことを物語っています。

月との付き合いが長い日本人なら、満月のパワーも、より受けやすいかもしれません。

十五夜

満月~神秘のおまじないで財布の金運効果がアップ!~ まとめ

満月の持つ神秘のパワーで、財布の金運効果アップ。

おまじないの手順を守って実行してみましょう。

月を愛でるための「月待ち」の風習だけでなく、金運的な意味でも月を待つことになりそうです。