天の光

「我らに罪を犯す者を、我らがゆるすごとく、我らの罪をゆるしたまえ」キリスト教の祈りの1節ですね。

天の神様に祈ることが大切とされていますが、日本には、天が無条件でゆるしてくれる吉日があります。

私たちに、最強の運気をあたえてくれる、「天赦日」です。

最強の吉日「天赦日」

天が赦す(ゆるす)と表記する「天赦日」。

「てんしゃにち」あるいは「てんしゃび」と読みます。

天赦日は、「大安」や「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」といった吉日を凌ぐ、最強の吉日。

伝承によると、百神が天に昇ることで、天が万物の罪をゆるす日とされています。

凶事でさえも打ち破るほど、強い運気を放つ日です。

そのため、何を始めても成功する日と言われています。

結婚や開店、引っ越しなど、良いスタートを切りたい人には、ぴったりの日ですね。

金運面でも、天赦日に購入したり使い始めたりする財布には、強い運気が宿ると言われています。

なかなか出会えない吉日、天赦日を見逃してはいけません。

財布の使い始めに最適な金運吉日とは!?~風水に学ぶ寝かせる場所~

天赦日を見逃さないために

天赦日は、レア中のレアな吉日。

大安や一粒万倍日が、年に60回ほど巡ってくるのに対して、天赦日は年間わずか5~6回

一度見逃すと、2ヶ月は待つことになります。

旧暦の吉日である天赦日は、季節と日のめぐり合わせで決められています。

春~夏は「戌寅の日」、夏~秋は「甲牛の日」、秋~冬は「戌申の日」、冬~春は「甲子の日」です。

現代の暦と照らし合わせるのは大変なので、旧暦の吉日が記載されたカレンダーをチェックするのが、一番お手軽です。

開運日カレンダー

中には、他の吉日と重なる、スーパーレアな天赦日も。

相乗効果で、さらに運気が強まる日なので、狙ってみるのもアリですね。

宝くじ売り場でも、大々的に宣伝しているので、売り場をチェックしていると分かりやすいかもしれません。

天赦日と凶日の組み合わせは?

降り注ぐ金運(イメージ)吉日と重なって相乗効果が生まれるなら、凶日との重なりはマズイのでは?

そんな心配もありますよね。

たしかに、不成就日や仏滅といった凶日と重なる可能性もあります。

しかし、そこは年に数回きりのレアな吉日。

天赦日は、凶日のマイナスな運気を打ち破るほどのパワーがあると信じられています。

ただ私としてはなるべく凶を避けた方が良いというのが持論です。

吉日と凶日の重なり~天赦日・一粒万倍日・大安・不成就日~

不成就日~凶日を避けるべき理由とは~

天赦日(てんしゃにち)~あらゆる運気が最強になる吉日を見逃すな!~ まとめ

万物の罪をゆるしてくれる、天赦日。

しかし、あらゆる運気を強めてくれるだけに、チャンスはとても少なくなっています。

最強の運気を得るチャンスを、うっかり見逃してしまった!なんて、もったいないことにならないよう、注意してみてくださいね。

わたしがなぜ、金運アップの研究をしているかというと、あるきっかけがあったからです。

私の友人は、ロト6の攻略をしていました。

ロト6の1等当選確率は600万分の1と言われていますが、数字を自分で選ぶという仕組み上、攻略できるように思えたのでしょう。

しかし、600万分の1っていったら、ほぼ運ですよね。

そこで私が思ったことは「ロト6を攻略するよりも金運を上げたほうが早いのではないか?」ということでした。

そして、金運アップの研究をするうちに、「貧乏には原因と結果がある」ことに気づきます。

これらの原因を追求していくうちに、わたしの心が豊かになり、「金運とはこういうものだったのか」と気づいたのです。

それは「金運アップしてどうするのか?」ということです。

金運アップといってもスピリチュアルなことばかり言われてもわからないでしょ?

金運アップは精神世界のものごとではありません。

現実世界のものなので全ては「原因と結果」があります。

わたしは、これを伝えたいと思い、メルマガを配信することにしました。

開運日カレンダーに十二直、二十八宿、それぞれの吉凶をわかりやすく表示し、簡単に吉凶の判断ができるような新カレンダーを制作しています。

これに伴い、「開運日カレンダー」はメルマガ会員限定のサービスとさせていただくこととなりましたことをご了承ください。