WordPress導入手順|レンタルサーバー編(エックスサーバー)

WordPress環境を構築する際に、必要になるのが独自ドメインとサーバーです。

前回は独自ドメインの取得とDNSサーバー設定まで終わっていますので、今回はサーバーをレンタルしてWordPressをインストールできる状態までにしたいと思います。

レンタルするサーバーは「エックスサーバー」です。

エックスサーバーをおすすめする理由

  • 表示速度が速い
  • データ容量が多い
  • 基本的な機能は全て実装してある
  • 圧倒的な安定性
  • サポート体制が良い

表示速度が早い

私は、もともとCORESERVERを使用していましたが、当時は.htaccessの追記が必要で面倒だったんですよね。

そこで、大型サイトを作るにあたり、エックスサーバーに乗り換えたんですが、これがすごく使いやすいんです。

また、海外からのアクセスが多かったのもあって、表示速度に不満を感じていたところ、エックスサーバーで解決できました。

データ容量が多い

私は、エックスサーバーの「X10」というプランに契約しています。

X10というのは、いわゆる一番低価格なプランなのですが、それでも容量は200GB。

200GBを超えるような利用環境だと、同じプランで別サーバー借りたほうがリスク分散もできるのでいいですね。

ひとつのサーバーで200GBというのは十分すぎる容量だと思います。

基本的な機能は全て実装してある

先ほどお話した.htaccess編集を含め、エックスサーバーは必要な機能をほぼ全て実装しているといってもいいのではないでしょうか。

  • マルチドメイン:無制限
  • サブドメイン:無制限
  • MySQL:最大50個
  • バックアップ:あり
  • 簡単サーバー移転機能:あり
  • 無料SSL暗号化

特にWordPressの場合、1つのブログに対して1つのデータベースを設置するのが一般的なので、50個使えるのはありがたいですね。

信頼できる安定性

表示速度と容量と安定性。

これが私のサーバー選びの条件です。

また、サーバーに関して専門的な知識がないので、使いやすい、なんでもできるサーバーがいいですね。

今まで使っていてサーバーが落ちたことはないですね。

バツグンのサポート体制

今までに一度だけサイト攻撃されたことがありました。

そのときにサポートにメール連絡したんですが、あっという間に返信が届きましたよ。

メールサポートでも十分と感じるほど迅速な対応でした。

あとからサーバー移転は結構面倒なので、最初からこういうサーバーを選んでおいたほうがいいと思いましたね。

エックスサーバーに登録する

さて、ここからが本編です。

エックスサーバーに登録しましょう。

いや、べつに売り込みじゃないですよ。

私自身、エックスサーバーを利用しているので、もしなにか聞かれたときにわかるのはエックスサーバーだからです。(サブにバリューサーバーも使っていますが)

では、はじめていきましょう。

いつものようにA8ネットのセルフバックから「エックスサーバー」を検索し、【セルフバックを行う】ボタンでサイトへ移動します。

A8ネットに登録していない方は、こちらのリンクより【エックスサーバー】に移動してください。

少しスクロールすると右側に【お申込みはこちら】というボタンが表示されます。

最初は10日間の無料お試し期間が設定されているので、気に入らなければ他のサーバーに乗り換えてもOKです。

契約する場合は10日以内に支払いを済ませればOKです。

まずは、無料お試しで登録していきましょう。

【お申込みはこちら】をクリックすると、エックスサーバーお申し込みフォームへ移動します。

【新規お申し込み】をクリックします。

サーバーIDを入力します。

これから度々つかうIDですので、お好きな文字列を入力してください。

あまり長くないほうがいいかもしれませんね。

プランは「X10」で十分でしょう。

あとは、会員情報を入力していきます。

全ての情報の入力が終わったら「利用規約」を読んで同意したらチェック、【お申込内容の確認へ進む】をクリックします。

入力した情報を確認したら画面最下部にある【SMS・電話認証へ進む】をクリックします。

日本を選択し、電話番号を入力します。

携帯電話ならSMSでOKですが、固定電話の場合は自動音声通話で取得してください。

最後の【認証コードを取得する】をクリックしてSMSメッセージを受け取ります。

送られてきた認証コードを入力し、【認証して申し込みを完了する】をクリックして移動します。

これで登録は完了です。

登録したメールアドレス宛に完了メールが届きます。

このメールが届けば設定完了です。(数分で届きます)

次は一気に独自ドメインの登録まで済ませておきましょう。

独自ドメインの登録

エックスサーバートップ画面からログインします。

右上のログインタブから【サーバーパネル】を選択して、IDとパスワードを入力してログインします。
(インフォパネルからでもログインできます)

 

サーバーパネル右上の【ドメイン設定】をクリックします。

【ドメイン設定追加】タブを選択し、取得したドメイン名を入力します。

チェック項目は(推奨)のままでOKです。

【確認画面へ進む】をクリックし、次の画面で確認したら【追加する】をクリックして完了です。

次は今後のためにもSSL設定を済ませておきたいところです。

料金支払いの方法

登録して10日間は無料お試し期間なので、急いで支払いを済ませる必要はありません。

私の場合、忘れてしまいそうだったので、先に済ませましたが。

10日後に支払うことで10日間お得になります。

ここでは、エックスサーバーの登録に関連するということで、先に解説しておきます。

エックスサーバーのサイトトップ右上にあるログインタブから【インフォパネル】をクリックします。

インフォパネルの右側のメニュー【料金のお支払/請求書発行】を選択し、利用中のサーバーにチェックマークを入れます。

利用期限を確認し、更新期間を選択します。

12ヶ月がお得なので、私はいつも12ヶ月ずつ更新しています。

更新期間は、お好みで結構です。

選択したら、【お支払い方法を選択する】をクリックして決済画面に移動します。

決済画面では、モザイクをたくさん入れるのが面倒なので、ここでは紹介しませんが、どの決済もたいてい同じですので、支払い方法を入力して進むと完了します。

次回予告

ここまで、エックスサーバーの登録方法をご紹介してきましたが、これでようやくWordPressをインストールできます。

ただ、せっかくエックスサーバーにログインしていますので、【SSL設定】と【メールアドレスの取得】【DNSレコード設定】は済ませておきたいので次回はSSL設定をご紹介します。