古い財布の処分の仕方~良い運気を損なわないための方法~

春には春財布、秋には秋財布と呼ばれる購入時期に財布を購入された方、また誕生日などにプレゼントされた方にとって今まで使ってきた財布をどのように処分したらよいかわからないという方は非常に多いようです。

昔から「財布はこう捨てろ」というような言い伝えはありませんよね。

しかし、財布には寿命があります。

→ 財布の寿命と買い替え時期~傷んだ財布と借金は金毒を呼ぶ~

まず、長年愛用していたお気に入りの財布は処分しても良いのかという問いですが、ズバリ処分して良いのです。

使い始めて3年経った財布は役目を終えているので新しい財布に買い換えましょう。

また、春財布、秋財布のように金運の流れに敏感な方は、ゴミ箱に捨てて大丈夫なのか?と心配するのも無理はありません。

今まで使ってきた財布に感謝してきちんとした形で処分してあげれば、今後の運気も良いものになるといえます。

 

古い財布を大切に保管すべきという説

財布を引き出しに保管する今まで気に入って使ってきた古い財布には、自分の念やお金の運気が染み込んでいるので捨てずに保管しておいたほうが良いという説もあります。

確かに、運気が好調だった頃に使っていた財布というのは、ある意味ラッキーアイテムともいえるかもしれません。

この場合、大切に保管して新しい財布が破損した時のピンチヒッターとして使用するのも良いでしょう。

しかし、これまでの財布に特別な運気を感じない場合は、処分して結構です。

財布を捨ててはいけないということはないのですから。

 

財布製造業者の回答

財布の処分財布を製造している会社にも財布の処分方法についての質問がよく寄せられるそうです。

財布製造業者に問い合わせたところ、ゴミ箱など普通に処分してよいというご返事をいただきました。

財布は素材、色、形、そして購入日や使いはじめの日にも色々な意味があり、大切なことですが、その中でも一番大切なのが使い方であるといえます。

たとえ開運財布を運気の良い日に購入しても使い方を間違えれば意味がありません。

→ 金運がアップする長財布の使い方を教えます!~お札と小銭は異なる気を持つ~

ただ、このサイトをご覧になっているということは「財布の処分の仕方」について考えておられるのでしょうから、今まで使ってきた古い財布を大切にしてきたに違いありません。

ですから、役目を終えた古い財布の中の物を全て取り出して、ゴミ箱に処分すればよいのです。

また、役目を終えた古い財布に感謝の意を表すための方法や運気を損なわない方法をいくつかご紹介しますので参考にしてください。

 

財布を処分する日

雨の日役目を終えた古い財布を処分するにはどんな日が好ましいのでしょうか。

これは風水的な考えになりますが、「金」は「水」に触れることで増えるといわれており、この考えから雨の日に処分するのが最も良いといわれています。

お金に最も近い存在の財布を雨の日に処分することで運気が上がるということです。

また、これは場所になりますが、池や川などの水気の多い場所で処分するのも良いという考えもあります。

風水的に海は「火」に属しますので、同じ水かと思って海の近くで処分してはいけません。

 

財布を処分する方角

方角風水において方角は最も重要な要素です。

この方角にも運気の違いがあり、西と北西はお金運の方角、北と東北は蓄財の方角です。

金運と蓄財というお金に関わる気をもつ方角で古い財布を処分すると良いとされています。

 

財布の処分の仕方

古い財布であっても財布は財布。

お金に最も近い存在の財布をそのままゴミ箱に捨てるのは気が引けるという方も多いでしょう。

今までお金を守ってきた財布に感謝の意を表し、大切に処分する方法があります。

「大切に処分する」というのも何か矛盾しているような感じがしますが、要は気の問題ですので丁寧に処分したいものです。

今までありがとうという意味を込めて、塩で清めて処分しましょう。

今まで金運に恵まれなかったという方もこの方法で古い財布を処分することで運気がリセットされるでしょう。

また、財布はむき出しではなく、紙に包んで捨てるとさらに丁寧で良いでしょう。

白い紙、新聞紙、包装紙、何でも結構です。

「感謝」の文字を書いたり、飾り付けをするのも良いです。

財布屋さんでは無料でプリントできる熨斗紙をダウンロードできます。

これら幸運を呼ぶ図柄の入った紙を利用するのも良いですね。

飾り紙の無料ダウンロードはこちら

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

このページの先頭へ