わらじ~得がたいものを得る効果は大きいほど御利益がある~魔除け

わらじ民芸品や縁起物として【わらじ】を見かけることがあると思いますが、「なぜわらじが縁起物なんだろう?」と思う方もいらっしゃるのではと思います。

【わらじ】はご存じの通り、もともとは履物ですが、縁起物としてもよく用いられるものなんです。

 

わらじの意味

大わらじ【わらじ】を使ったことわざは多々あります。

例えば【二足のわらじを履く】というのは、本職と副業を持っているという状態を意味します。

また【わらじを掛ける】という言葉があるそうですが、これは客人が来ているという知らせを意味しているそうです。

その客人とは侍だったり、山伏だったり、地方によって様々変わるのですが、基本的には力強い用心棒ということでは共通しているそうです。

このわらじを見ると魔物が、その力を恐れて近寄らないと言われているんですね。

一説にはわらじが大きければ大きいほど、力を持っていると考えられ、魔物が恐れるとも言われています。

いわば魔除けの一種ですね。

日本各地に巨大なわらじを奉納する【わらじまつり】があるのは、魔物から身を守るという願いが込められた魔除けの意味をもちます。

お寺の門にかかっているわらじにもそういう意味が込められています。

宮城県多賀城市のあらはばき(荒脛巾)神社にはわらじが奉納されているそうです。

脛(はぎ)は膝からくるぶしの間のことで、足に関係した名前の神社ということは、わらじと関係が深いんですね。

そして「足は第二の心臓」とも言わますが、その足を包むのがわらじを含む履き物ですから、人間にとって大事なものであることは言うまでもありませんね。

 

わらじの御利益-得がたいものを得る

わらじよく知られたことわざに【年上の女房は、金のわらじを履いてでも探せ】というのがありますね。

子どもの頃は、「金(きん)のわらじで探すなんて、金もかかるし、面倒だし、よくやるなあ」と思っていましたが、調べてみると“きん”ではなく“かね=鉄”の意味だったんですね。

【鉄のわらじ】という重くて不便なもの(実在しているのかも不明ですが)を履いて探し回るほど苦労しても損は無いという意味なのでしょう。

一般的には年上の奥さんというのは、しっかりしているイメージがありますし、信頼できる存在なんでしょうね。(スポーツ選手の奥さんは姉さん女房が多いのも、この為でしょうか)

昔は金といえば鉄のことでした。

擦り切れない鉄のわらじを履いて根気強く尋ね回って「得がたいものを得る」ということから【わらじ】は縁起物とされてきたのです。

これにあやかり、自分の仕事を必ず成功させる、または良き伴侶を見つけるときに効果を発揮するとされてきました。

 

わらじ~得がたいものを得る効果は大きいほど御利益がある~ まとめ

【大きいほど御利益がある】というわらじ。

日本各地のわらじまつりのなかで、筆者が強く記憶しているのは東北六魂祭で見た「福島市のわらじまつり」です。

総重量5トンの大わらじをかつぐ男性達の姿に、一日も早い復興をと願ったものでした。

 

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

このページの先頭へ