月徳日

月と徳という文字が使用される「月徳日」は、いかにもご利益がありそうな日ですね。

実際に、日本で最も縁起が良いとされる「七個の善日(ななこのぜんにち)」のひとつに数えられる吉日となっています。

月徳日がもたらす吉凶や、選日法について調べてみました。

月徳日が吉日となる理由

月徳日(つきとくにち・がっとくにち)は、「月ごとの福徳」を意味する吉日です。

250年以上も昔に施行された、宝暦暦(ほうりゃくれき)という暦で、使用され始めました。

長い実績を誇る、吉凶を占うための暦注下段のひとつです。

庶民の間で親しまれてきた月徳日は、明治5年(1872年)の改暦をきっかけに、途絶えかけたことがあります。

人を惑わす迷信として禁止令が出されましたが、戦後は規制されることがなくなったため、再び使用されるようになりました。

月徳日における吉凶は

月徳日は、万事に支障がない吉日と信じられています。

なかでも、住居の増築やリフォームといった事柄を行うと吉と信じられています。

また、土に関わる事柄も吉とされているので、家屋の土台造りだけでなく、掘ったり埋めたりといったことを行うのに適しています。

なにか土地にまつわる作業を控えているのであれば、月徳日に行えるよう調整してみると良いですね。

通常の日に行うよりも、大きなご利益が得られそうです。

月徳日の選日法

月徳日は、旧暦の節月と、十干のなかの「丙(ひのえ)・甲(きのえ)・壬(みずのえ)・庚(かのえ)」の日によって定められています。

陰陽五行説でいえば、「火性の陽」「木性の陽」「水性の陽」「金性の陽」に該当する日です。

1月・5月・9月  丙の日
2月・6月・10月  甲の日
3月・7月・11月  壬の日
4月・8月・12月  庚の日

月徳日|改築や土地に関わる吉日 まとめ

月徳日は、他の吉日と比較すると、ややマイナーなイメージがありますが、250年以上もの長いあいだ親しまれてきた縁起の良い日です。

住宅の改築や動土にまつわる事柄に、積極的に利用してみましょう。

わたしがなぜ、金運アップの研究をしているかというと、あるきっかけがあったからです。

私の友人は、ロト6の攻略をしていました。

ロト6の1等当選確率は600万分の1と言われていますが、数字を自分で選ぶという仕組み上、攻略できるように思えたのでしょう。

しかし、600万分の1っていったら、ほぼ運ですよね。

そこで私が思ったことは「ロト6を攻略するよりも金運を上げたほうが早いのではないか?」ということでした。

そして、金運アップの研究をするうちに、「貧乏には原因と結果がある」ことに気づきます。

これらの原因を追求していくうちに、わたしの心が豊かになり、「金運とはこういうものだったのか」と気づいたのです。

それは「金運アップしてどうするのか?」ということです。

金運アップといってもスピリチュアルなことばかり言われてもわからないでしょ?

金運アップは精神世界のものごとではありません。

現実世界のものなので全ては「原因と結果」があります。

わたしは、これを伝えたいと思い、メルマガを配信することにしました。

開運日カレンダーに十二直、二十八宿、それぞれの吉凶をわかりやすく表示し、簡単に吉凶の判断ができるような新カレンダーを制作しています。

これに伴い、「開運日カレンダー」はメルマガ会員限定のサービスとさせていただくこととなりましたことをご了承ください。