ネット副業の種類

主婦やサラリーマンが副業を求めるのは、出世して給料をあげるよりも副業での追加収入を得るほうが効率がいいからです。

また、外国製品の流入と日本の景気低迷により、日本企業が売上を伸ばすことができず、賃上げができなくなっています。

シャープ、サンヨー、日産などのいわゆる大企業でも倒産する昨今、不安になってくるのが将来についてです。

そこで注目されているのが副業での資産構築です。

中でもネットを使った副業では、不労所得を構築できる副業もあり、いまやサラリーマンにとって副業が熱い時代となっています。

また、ネット副業では在宅ワークが多いことから、少しの空いた時間でできる資産形成の仕事として主婦にも注目されるようになっています。

ここでは、サラリーマンや主婦が在宅で少しの空いた時間にできる副業をご紹介します。

 

まずはメインバンクの見直し

ネットを使った副業をはじめる場合、まず見直す必要があるのが銀行口座です。

振り込み、引き出しに手数料がかからないSBIネットバンクや楽天銀行のようなネットバンクを選ぶようにしましょう。

ネット副業の多くは、ネット上のシステムにより利益が発生し収入となります。

この収入を自分の銀行口座に出金してつかうのですが、頻度の多い入出金に対応したネットバンクを使うことで、効率よく資産の移動ができます。

また、ネットバンクは即時支払いや受け取りも簡単におこなえるので便利です。

投資信託では、指定のネットバンク口座が必要なものがあったりと、この機会に作っておくことをおすすめします。

 

せどり(転売)

せどりとは、安い中古商品をみつけだし、Amazonやヤフオクで売る副業の方法です。

大きく分けて「店舗せどり」と「電脳せどり」があり、前者はハードオフなどの店舗に行って仕入れる方法。

後者は、ネットを使った仕入れで転売していく方法です。

大して違いはありませんが、店舗せどりの場合、商品を持ち帰るために車が必要なこと、店舗まで行かなくてはならないので、副業としては不向きです。

また、中古品だけでなく故障品を購入して修理することで大きな利益を上げる人もいます。

しかし、これには大きなデメリットがあります。

私はeBay輸出をやっていましたが、売れれば売れるほど忙しくなるという点です。

当時、私の事務所には毎日郵便が集荷に来ていましたが、商品を梱包、発送するのは大変です。

忙しくなると、もはや副業ではなくなり、会社をやめて専念しても儲かった分、自由な時間がなくなります。

 

不動産投資

不動産投資

不動産投資は、もととなる資金が必要なので、難易度は高めです。

もし、あなたに資産があるなら不動産投資をやってみてもいいかもしれません。

家賃収入による不労所得を目的としているため、将来設計として人気の副業です。

方法は、まず借金をして不動産を購入し、家賃収入で借金の支払いをします。

ある程度軌道に乗ってきたら、その不動産を担保に次の不動産を購入し、同じように家賃収入で借金の支払いをします。

もちろん、不動産には修理などの費用がかかりますが、借金をいくつか完済して気がつくと毎月数件の家賃収入が入っていたということで不労所得を構築するのに役立ちます。

民泊は家賃よりも高収入

また、民泊にしてはどうでしょうか。

民泊の場合、運営費用がかかりますが、不動産家賃収入よりも大きな収入を期待できます。

ひとつ残念なのが、民泊は法規制が入ったために難易度はさらに上がったことです。

しかし、多くの起業家が民泊から撤退しているので、穴場となっているとも言えます。

実際、需要はありますから、法規制を乗り越えれるなら挑戦してみるのもいいでしょう。

どちらにせよ、元金が必要なので副業初心者には不向きな方法です。

 

投資信託

投資信託は、今流行りの不労所得構築方法ですが、これももととなる資金が必要です。

最近ではクラウドファンディングによって1万円からでもできる投資案件もあるので、定期預金の代わりに投資する人が増えています。

株式投資

ネオモバ

株式投資の場合、最低10万円くらいは用意したほうがいいでしょう。

ただ、Tポイントで株が買えるネオモバなら資金を使わずにポイントのみで株式投資ができるので、初心者がはじめるにはいい勉強になります。

大きく投資する前に、Tポイントで株式投資とはどのようなものか把握するのもひとつの手です。

FX

FX

FXは確かに利益が上がります。

GMOクリック証券、SBIFXトレードやDMMFXなど取引システムも豊富です。

特にその日のうちに売買を終わらせてしまうデイトレーダーが一番勝てると言われていますが、私は負けました。

初期費用は30万くらいはあったほうがいいでしょう。

私はわかりやすく簡単なDMMFXでやってみました。

これは不労所得ではありませんが、勝てれば一瞬で資産構築できるパワーを秘めていますね。

しかし、ギャンブルが高いため、30万円なんて一瞬で溶けてしまいます。

だれか勝つ方法教えてください。

ソーシャルレンディング

クラウドバンク

ソーシャルレンディングは太陽光発電などの事業に投資することで、資産運用する方法です。

1万円から投資できるということで、積立貯金のように投資を重ねることで、資金を増やすことができます。

半年から一年程度、一定期間待つだけで利回り6%という中程度中リスクのクラウドバンクがCMなどでも紹介されているので利用者が多いですね。

クラウドバンクは「News モーニングサテライト」のスポンサーになっています。

副業というよりは、投資になるので、そんなに儲かりませんよ。

ただ、使い方として積立貯金や定期預金のつもりで資産運用すれば、銀行預金をするよりも圧倒的に利回りがよいので、将来設計になります。

ロボアドバイザー

THEO

ロボアドバイザーはAIによって為替の売買を行うシステムです。

AIは日に日に精度を上げていますので、注目されている投資のひとつです。

AIにおまかせして資産運用してもらう夢のようなシステムですが、それほど利回りは大きくありません。

また、THEOではソーシャルレンディングのように1万円から投資ができますが、ロボアドバイザーの大きな利点は、いつでも出金ができるところです。

これも投資ですね。

副業として儲けるというよりは、資産運用して将来に備えるといった使い方です。

投資競馬

投資競馬

競馬というとギャンブルのひとつですが、トータルで必ず勝つという投資競馬が最近注目されています。

投資競馬は、みなさんがされている競馬と同じように馬券を買って配当金を受け取るというごくシンプルなものです。

これは投資システムというより、ノウハウです。

無料メール講座でノウハウを身に着けて98.8%勝てるという凄まじい勝率で資金を増やします。

 

ものづくり

minne

自分が作った商品を販売する副業は昔からありますね。

アクセサリー、グッズ、かばん、衣類なんでもOK

今までは店舗を持って小物店を開いていた「ものづくり副業」ですが、いまではヤフオクやAmazonで販売することもできます。

minne[ミンネ]のようなハンドメイドのオンラインマーケットも数多くあるので利用してみるのもいいかもしれません。

Amazonで販売するには、バーコードを取得しないといけないので、取得しましょう。

バーコードはバーコード屋さんなどで購入できますよ。

Yahoo!や楽天でショップを持つにはそれなりの費用がかかりますが、自分の商品をつくることで、他の商品にはない強みをもつことになるのでおすすめです。

電子書籍の自費出版

note

ものづくりは、グッズだけではありません。

本だって出版できます。

AmazonKindleで電子書籍としてコンテンツを販売することもできますし、いま人気のnoteというSNSで小説などを書いて売ることができます。

マンガやパチンコ攻略、釣りの穴場情報、あなたの知識をコンテンツとして販売することで、不労所得になることから注目されています。

ただ、ブログやSNSと連携しないとなかなか売れないので、並行してブログやYouTube配信をすることをおすすめします。

写真販売

snapmart

ブログやYouTubeなどのメディアで使用する写真を販売する副業です。

これは、意外に需要が多いので、旅行が好きな方にはおすすめできる副業です。

風景写真だけではなく、モノの写真でも需要がありますよ。

例えばメガネの記事を書いたとして、メガネの写真って持っていなかったりするんですよ。

こういうときに活躍するのがSnapmart[スナップマート]などの写真販売サイトです。

 

クラウドソーシング

クラウドワークス

日本においてプログラマーという職業は、この先ずっと人手不足が続くそうです。

システムエンジニアなどのプログラマーなどの特殊技能を持っている方は、副業するよりクラウドワークスのようなクラウドソーシングサイトで独立したほうが良いですね。

また、イラストレーターや動画編集も需要があります。

現在の需要

いまではYouTube投稿者が増えていますし、毎日更新をされているYouTuberが多いので、動画編集をおぼえておくだけで仕事に困りません。

ブログも同様で、大手運営会社のブログでは、複数のライターにブログ記事を投稿してもらうサイトもあります。

こういったブログサイトからのライター募集は、要点をおさえて素早くライティングする技術を身につければ、多くの収入を得ることができます。

また、ライティングには経費がかかりませんので、受注して書きまくることで技術は身につくことから初心者でもやりやすい副業です。

 

ブログ運営

ライブドアブログ

ブログ運営はそこに人が集まることから資産的な意味があります。

人気のブロガーたちが稼いでいるのはブログにGoogleアドセンスのようなアフィリエイト広告を貼りその収益があるためです。

ブログの内容はなんでもかまいませんし、ライブドアブログのような無料ブログでも十分可能です。

ブログ運営は、決して楽ではありませんが、副業初心者がチャレンジするには、費用もかからず、最も主婦の在宅ワークに適していると言えます。

不労所得アフィリエイト

サイトアフィリエイトは、グッズや情報商材を売るアフィリエイトサイトです。

商材はなんでもかまいませんが、自分の得意なものがいいでしょう。

A8.netが有名なサービスプロバイダですが、デメリットもあります。

サイトアフィリエイトのデメリットは、収入のあった案件でも急に打ち切りになることです。

そこで登場したのが不労所得アフィリエイトです。

通常のアフィリエイトは初回購入時のみ報酬が発生しますが、不労所得アフィリエイトは、購入者が利用を続ける限り報酬が発生し続けます。

 

主婦やサラリーマンでもできるネット副業の種類 まとめ

このようにサラリーマンや主婦ができる副業はたくさんあります。

元金が必要なものから、元手0円ではじめられるもの。

今ではYouTuberや有名ブロガーなどが、副業からはじめて月100万円、1,000円などという紹介がされていますが、そう簡単にできるものではありません。

「簡単に稼げる」なんていう言葉の中には、詐欺商材というものもあり、注意が必要です。

⇒ アフィリエイト詐欺教材の見分け方!5つのポイント

もし、あなたが今から副業をはじめようと思うなら、月100万を目指すよりも、まずは月3万円、5万円を目指してみましょう。

月100万あるひとのことを聞いて、いきなり難しいことからはじめるよりも、自分のできることからはじめるべきです。

そうすれば、いずれ10万、50万、100万という大金も身近なものになってきます。

⇒ ネット副業|月5万円からはじめる在宅ワーク