八角鏡

玄関から出入りするのは、人だけではありません。

風水的に考えると、玄関は開運のための「良い気」が出入りするための場所でもあります。

そんな玄関だからこそ、置くものには十分注意したいですね。

準備するものひとつで、開運ための条件が左右されてしまいます。

今回は、玄関に「鏡」を置くことの意味を考えてみましょう。

鏡は良い気を引き込み、悪い気を反射させるといわれています。

ではどんなかたちの鏡をどこに置けばいいのでしょうか。

風水で「鏡」が持つ意味

鏡鏡は、代表的な風水の開運グッズで、「水」を象徴します。

その形状や働きから、「物を反射」することに長けているのは分かりますね。

また、別世界への入り口のような鏡は、「物を吸い込む」効果も持ちます。

良い気であれ悪い気であれ、鏡を置く場所や方角などによって、吸い込んだり反射したりするのです。

開運を考えると、「良い気」を吸い込み、「悪い気」を跳ね返す鏡であってほしいですね。

玄関に置くのに、適した鏡をみてみましょう。

玄関に適した鏡の形状

玄関玄関に適した鏡の形状として、まずは「大きさ」をみてみましょう。

家の入り口に置くものは、大きすぎるとNGです。

大きい鏡は、トラブルを吸い込みやすいので、全身が映る姿見などはもってのほかです。

気楽に壁にかけられるサイズが良いでしょう。

斜めに立てかけると、変な方向に気を反射してしまうので、必ず真っ直ぐにします。

鏡の「形」としては、丸いものは「良い気」を引き寄せ、四角いものは「悪い気」を反射するとされています。

また、楕円形のものは、対人関係を向上させます。

特殊な形ですが、風水でおなじみの八角形の鏡は、金運の上昇が期待できます。

また、鏡の「種類」として凹面鏡や凸面鏡がありますが、表面が平らでないものは玄関には不向きです。

湾曲した鏡は、気を乱反射するので、家の入り口で気が乱れてしまいます。

玄関に適した鏡の置き場所

玄関の置き場所によって、鏡が呼び込む運気の種類は異なります。

出世・交際・健康などの開運を期待するのであれば、家に入って、向かって右側になる場所に置くようにしましょう。

左側に置けば、金運上昇という効果になります。

ただし、両方の開運を目指して両側に配置した場合、「あわせ鏡」にならないよう配慮してください。

鏡同士が互いの運気を吸い取り、せっかくの効果を台無しにしてしまいます。

また、玄関が南か東向きになっている場合、家に入って正面に当たる場所に鏡を置くのはNGです。

入り口から流れてきた「良い気」を反射してしまいます。

逆に、玄関が北か西向きであれば、積極的に鏡を置きましょう。

「悪い気」を反射してくれます。

玄関の間取りに適した鏡の置き方

家の間取りは、いろいろですが、玄関の真正面に階段があるところは注意です。

入り口からの気の流れが、階段方面にも拡散しやすくなるため、住宅内の気の循環が乱れてしまいます。

階段の中ほどに、鏡を置き、流れを整えてあげましょう。

玄関を入ってすぐに、廊下がある間取りもあります。

廊下が狭くて暗いつくりになっていると、家の奥まで気が流れ込みにくくなります。

廊下に広さが感じられるように鏡を置くと、流れがスムーズになります。

玄関やトイレ、浴室などのドア前には、鏡を置かないようにします。

とくにトイレのドア前は、健康運が低下してしまうので注意です。

玄関の鏡をパワーアップさせる方法

玄関の鏡の力を増幅させるために、照明やインテリアにも工夫しましょう。

照明は明るいものにすると、「良い気」を増幅してくれます。

クリスタル製のインテリアは、「悪い気」の流れを防ぐ効果があるので、こちらも配置しておきたいですね。

玄関外に傘立てを準備して、傘を収納できるようにすると、余計な水の気をカットしてくれます。

植物で玄関外を彩るのも良い効果をもたらします。

小型の鉢などを置くと、鋭い気の流れを緩やかにしてくれます。

また、掃除を丁寧に行い、清潔に保つことも大切です。

物がゴチャゴチャとしている玄関では、スムーズな気の流れになりません。

靴はキレイに収納し、新聞紙やゴミなどを置きっぱなしにしないようにしてください。

鏡自体の手入れも行い、ピカピカに保ちましょう。

玄関に開運鏡を置く~ベストな位置と方角について~ まとめ

玄関の鏡は、置き場所や形状一つで、開運の意味が変わってきます。

目的に沿った鏡を選んで、運勢を上昇させましょう。

良い気を吸い込むのも、悪い気を跳ね返すのも、配置した鏡しだいです。