労働は大切な時間と目的を失う

労働と目的についての話をしたいと思います。

実はいま、私は労働をしています。

いわゆる会社に雇われて給料をもらっているわけです。

しかし、今までの人生ではほとんど労働をしたことがありませんでした。

 

これまでを振り返る

実家に住んでいるたので、家賃はかかりません。

実際家賃はかかっているのですが、親が払ってくれていたわけです。

労働、つまり雇われて仕事をしたことが全く無いわけではありませんが、長く続けたことはありませんね。

かといって、フリーターやニートというわけでもなく、お金が欲しくなったらものを売って生活していました。

私には、たまたま好きなことで、人が欲しがるものを持っていたからです。

 

労働をしていて感じること

ある日、支払いに困ったので、労働をしてみることにしました。

最初の目的はたった2ヶ月分の給料です。

収入がなかったわけではありませんよ。

自分でやっている商売に、追加で給料が欲しかったのです。

さて、TVなどで「派遣切り」などと言葉は知っていましたが、はじめて入ったのが派遣会社です。

とりあえず2ヶ月間、労働すれば目的の支払いができるので、その間に次の商品を考えようと思っていました。

実際、労働してみれば、時間と引き換えに簡単にお金が入ります。

これが良くなかったのです。

従業員に給料を払うために必死になって金策する必要もありません。

同じ労働者の仲間と楽しく酒を呑んだり、食事に行ったり。

労働って楽だなあと感じたからこそ、居着いてしまいました。

 

会社の上司に思うこと

2ヶ月間の労働と思って会社に入ったので、いわゆる契約社員です。

まぁ、労働者の中でも一番下ですよね。

しかし、ふと思うのです。

「下なのか?」と、、、

感じの良い上司もいますし、態度の気に入らない上司もいます。

頭の良い上司もいれば、頭の悪い上司も居ます。

でも、上司といえども結局は会社から給料をもらっている労働者です。

いわば、グループのまとめ役といいますか、リーダー的な存在なだけで、上ではありませんよね。

私も下ではありません。

 

私のほうが仕事ができる!

こういった同じ労働者にもかかわらず、いかにも私の給料を支払っているかのように振る舞うバカな人もいるんですよ。

私は給料を支払う側に立ったことがあるので、ほんとこういう人はバカだと思います。

かといって、私は雇われている身です。

ただ、あなたに雇われているわけではないのですよ。 上司さん

また、仕事の内容も上司といえども誰にでもできる仕事です。

誰にでもできる仕事を与えるからこそ会社が成り立っているのですよ。

私のほうが仕事ができる!と思ったこともありますが、それを見せてはダメだと感じました。

労働をして給料をもらっていても、いつまでたっても私の望む金額には到達しないことはわかりきっています。

やはり、自分で仕事をやらなければと思うのです。

 

労働で大切な時間と目的を失う

労働をすることで簡単に給料としてお金が手に入るので、労働者仲間と飲み会をしたり、楽しんでいました。

しかし、2ヶ月のつもりが、一向に新しい商品アイデアを見つけることができません。

時間が足りないのです。

小さなお金しか産まない労働で、自分の大切な時間を失っていたことに気づきました。

これではダメですね。

目的に到達するための時間を小さなお金しか貰えない労働に使ってしまったのです。

目的を見失ってしまったら、そこに止まっているのも同然ですね。

 

目的を失ったら取り返しがつかない

労働のメリットは支払いをスムーズにこなせることです。

しかし、労働に従事しすぎるといつの間にか時間を失っていて、目的まで失ってしまう。

今私は、労働を副業にし、大切な時間を自分の目的のために使っていこうと思うのです。

皆さんの中にも、もし同じようなご意見の方が居ましたら、コメントください。