100万円の札束

貯金をするなら楽しみながら続けたい!そう思いませんか。

貯金を楽しく思うコツは、特定のルーティーンワークを組み込んで、貯まっていく実感を得ることです。

ここで紹介する方法で楽しみながら100万円が貯まります。

それを簡単に行える方法として、新札貯金というものがあるのでご紹介します。

新札貯金の方法は

新札貯金新札貯金の方法は、「新札を見つけたら即封筒に入れて貯金する!」というものです。

折り目やシワのない新札は、出会うと嬉しいものですよね。頻繁にお目にかかるものでもないですが、めったに見かけないほどレアでもありません。

お札の発行数は、一万円札でも、年間10億枚を超えるので、それなりの頻度で手にすることができるはずです。

ATMでお金をおろすときや、買い物でおつりをもらうとき、いつ新札に巡り会えるかワクワクしながら貯金することができます。

しかも、1回の貯金額は、最低でも千円は保証されますよね。

千円札、五千円札、一万円札のコンボが短期間で巡ってきたら、貯金一万五千円を達成です。

一度の貯金額の上昇が大きいので、貯めているという実感が大きいのがポイントです。

あとちょっと、もうあとちょっとと新札貯金をしているうちに、思っていた以上に貯まっていることに気づきますよ。

新札貯金のメリット

新札貯金新札貯金のメリットは、いざというときに活用できる点にあります。

お祝いごとがあると、ご祝儀のために新札の需要が高まりますよね。

ふだん意識していなければ、土壇場になって新札の入手に走り回る必要が出てきます。

しかし、新札を封筒に貯金しておけば、慌てずにご祝儀を準備することができます。

また、予期していなかった急な出費にも、臨機応変に対応できるというメリットもあります。

多少の出費でも、月々の家計が赤字になることがありません。

いざとなったら、封筒の中に使えるお金があるということは、心に余裕も生まれます。

心の余裕が貯金に繋がり、プラスのスパイラルが、さらに紡がれていくのです。

新札貯金で100万円貯める

お札の元
お札の元

新札貯金では物足りない。

もっとお金を楽しみながら貯めたいという人にうってつけの方法があります。

財布屋.comという開運財布の通販専門サイトに「お札の元」という商品があります。

お札の元は、1万円札と同じ大きさの白紙が100枚束ねられたもので、これに裏表2枚の1万円札を入れると100万円の札束のようになります。

この疑似100万円札束を財布に入れておくと財布がお金を記憶し、遣っても財布に戻ってくる開運財布が完成するというものです。

これは金運アップに効果があり、500円程度で購入できることから人気の商品となっています。

このお札の元をベースに100万円貯めていく新札貯金を思いついたのですが、これで私は楽しみながら貯金しています。

その方法とは、お札の元に最初は裏表2枚の1万円札を入れますから100枚の紙の束ですが、合計2万円です。

銀行やATMからお金をおろした時、たまに新札が入っていますよね。

この新札を「お札の元」の紙と交換して入れます。

5万円おろして5枚とも新札だったからといって全部入れ替える必要はありません。

その時の気分で1枚か2枚入れ替えればいいのです。

例えば2枚入れ替えたら100枚の紙束の合計は4万円。

さらに翌月3枚入れたら合計7万円とすんなり貯まっていきます。

また、この新札貯金でお札の元の紙がだんだん本物の1万円札になっていくのが楽しくて、気持ちいいので、これを全部本物に交換してやるっていう気持ちになります。

だんだんと本物の1万円札になってくると金額も数十万円になるでしょう。

財布に大金を入れて持ち歩くのが怖いとか、無駄遣いしてしまいそうでいやだという方は、別の財布をベッドルームの引き出しなどに仕舞って新札貯金をするのもいいでしょう。

私は「お札の元」を2つ買って、ひとつはメインの財布の中に入れて新札貯金をしています。

もうひとつは引き出しに寝かせてある御金神社の財布にも入れて金運のお守り「種銭」としています。

1万円札を折って「1億円札」にするよりは、「お札の元」のほうが何倍もいいですね。

新札貯金|楽しみながら簡単に100万円貯める方法 まとめ

簡単に始められる新札貯金、活用できる商品で、さらに楽しみながら貯めていきましょう。

平成31年の3月からは、記番号が褐色から紺色に変更された千円札が発行されます。

コレクションついでに貯金していきませんか?

お金を自分のところに集めるのは、なにも1万円札ばかりではありません。

1円でも集めることができるなら、それは1億円にもなります。

こちら↓の記事でそういったお話をしていますのでよかったら御覧ください。

100円の価値を侮るな|「人は金なり」金運を呼ぶ3つの心得