女性の厄年を浄化する贈り物|子どもを授かると厄が落ちる

10代と30代、人生の早い時期に厄年が集中している、女性の厄年。

その認知度は、「気にしているから神社で厄祓いを必ずする」という女性から、「知らない間に終わっていた」という女性まで様々です。

中には、「海外にいたから忘れていた」という女性も。

厄祓いをしていなかった女性からは、「いやに運が悪い年だと思っていた」「厄祓いしていたら何か違っていたかも」という声もあがっています。

厄年のなんたるかを知って、女性の厄年の過ごし方を確認してみましょう。

女性の厄年は33歳がピーク

長い人生の中で、繰り返し訪れる厄年。

女性の場合は、19歳、33歳、37歳が本厄の年となっています。

本厄の前後1年も、前厄と後厄という警戒すべき年とされています。

ちなみに、厄年のピークは33歳。

「大厄」と呼ばれます。

体や身の回りの環境の変化によって、大きな災厄に見舞われやすい年です。

語呂合わせでも「散々」と読めるので、気になってしまいます。

厄年の数え方は、通常の年齢とは異なるので、こちらも注意しておきましょう。

厄年は、正月を迎えることで年をとる、「数え年」で見なければいけません。

現在の年齢が、誕生日前の場合は、プラス2歳。

誕生日後であれば、プラス1歳と数えれば大丈夫です。

また、61歳の年も、女性の厄年とすることがあります。

こちらは、地域や宗派、神社によって異なることがあります。

こちらを厄年とするかで、警戒する年が変わるので、できれば該当して欲しくないものですね。

人生の中で、合計3度の厄年なら、本厄の前後合わせて9年。

4度なら、12年となります。

どちらにしろ、厄除け・厄祓いを行って、心安らかに過ごしたいものです。

お寺で行う場合が「厄除け」、神社で行う場合が「厄祓い」です。

女性だけの厄年の心配事は

結婚は、男女共通の心配ごとですが、女性だけの心配事も存在しますね。

妊娠と出産は、女性にとっては大きな出来事です。

しかし、心配しすぎは禁物。

厄年は、あくまで「警戒しておくべき年」というだけです。

注意するにしても、「新しいことに積極的になるのは避ける」程度に留めておけば問題ありません。

それでも気になるという人も、妊娠や出産だけは別なので安心してください。

「子供を授かると厄が落ちる」と伝えられているため、厄年での妊娠・出産は、逆に良いこととして捉えられているのです。

厄年を気にしすぎていては、余計な不幸を招くことになるかもしれません。

厄祓いや厄除けに良い物を身につけるなどして、「これで大丈夫!」と、プラス思考で乗り越えていきましょう。

厄年の女性が身につけたいアイテムは

女性の厄年が気になる方は、厄除けとなるアイテムを身につけておくと良いですね。

自分のために購入しても良いですし、親しい方への贈り物としても、知っておくと便利です。

「無事に厄年が過ごせますように」という願いを込めて、「長いもの・七色のもの・ウロコ模様のもの」のどれかを選びましょう。

きっと災いから守ってくれますよ。

長いもの

長寿を願うという意味合いがあります。

厄年の概念は平安時代からありましたが、当時の平均寿命は、現代の半分ほどでした。

昔は、生活様式が異なっていたため、帯や腰紐などを身につけるのが定番だったようです。

和装が好きな方はともかく、現代では少し使いにくいですよね。

そこで、代わりに選ばれるようになったのが、ネックレスやスカーフなど。

寒い季節には、マフラーやストールといったアイテムも嬉しいですね。

7色のもの

七福神にあやかった7色のものが、災いを退けてくれます。

あまりにもストレートな7色は、派手すぎて使いにくいので、真珠やオパールといった宝石類がおすすめです。

どちらも、控えめな7色の輝きで、上品に使用することができます。

とくに真珠は、フォーマルな場面でも、カジュアルな場面でも活用できるので、高い人気を集めています。

小さめの石でマルチカラーを演出した、アクセサリーも身につけやすいですね。

ウロコ模様のもの

蛇や蝶を連想させるアイテムで、脱皮を繰り返すように厄を落とすという意味合いがあります。

こちらは、財布やバッグなどのアイテムがおすすめ。

ウロコ柄の可愛いハンカチなども、使い勝手が良いですよ。

通販サイトなどで厄除けグッズを探すと、いろいろなタイプの物が見つかります。

お気に入りの一品となるものを探してみませんか。

こちら↓は、おすすめの厄除けアイテムです。参考にしてください。

女性の厄年を浄化する贈り物|子どもを授かると厄が落ちる まとめ

女性の厄年は、多くて人生で4度。

「数え年」で、年齢を計算するので、間違えないようにしましょう。

厄年だからといって、過剰に気にする必要はありません。

厄除け祈願や、厄除けアイテムを使って、気楽に過ごしていきましょう。

わたしがなぜ、金運アップの研究をしているかというと、あるきっかけがあったからです。

私の友人は、ロト6の攻略をしていました。

ロト6の1等当選確率は600万分の1と言われていますが、数字を自分で選ぶという仕組み上、攻略できるように思えたのでしょう。

しかし、600万分の1っていったら、ほぼ運ですよね。

そこで私が思ったことは「ロト6を攻略するよりも金運を上げたほうが早いのではないか?」ということでした。

そして、金運アップの研究をするうちに、「貧乏には原因と結果がある」ことに気づきます。

これらの原因を追求していくうちに、わたしの心が豊かになり、「金運とはこういうものだったのか」と気づいたのです。

それは「金運アップしてどうするのか?」ということです。

金運アップといってもスピリチュアルなことばかり言われてもわからないでしょ?

金運アップは精神世界のものごとではありません。

現実世界のものなので全ては「原因と結果」があります。

わたしは、これを伝えたいと思い、メルマガを配信することにしました。

開運日カレンダーに十二直、二十八宿、それぞれの吉凶をわかりやすく表示し、簡単に吉凶の判断ができるような新カレンダーを制作しています。

これに伴い、「開運日カレンダー」はメルマガ会員限定のサービスとさせていただくこととなりましたことをご了承ください。