前厄・本厄・後厄それぞれの厄年の過ごし方

災難にあいやすいため、慎んで過ごすべき年齢とされる、厄年。

陰陽道が由来するという説があり、古くは平安時代から信じられてきた風習です。

しかし、「厄年」と一言でまとめても、1度きりのものではありません。

人生の3度の節目にやってきて、その前後1年も、「前厄」「後厄」として注意が必要です。

それぞれ、どのような過ごし方をすれば良いのか、詳しくみてみましょう。

厄年の年齢は

厄年の年齢は、地域や宗教によって異なることもありますが、一般的には次の通りです。

男性:25歳・42歳・61歳
女性:19歳・33歳・37歳

これらの厄年の当年は「本厄」と呼ばれます。

本厄を基準にして、前の年を「前厄」、後の年を「後厄」とします。

長い人生の中で、災いに注意して過ごさなければいけない時期は、合計9年ほどあるのです。

また、男性の42歳と女性の33歳は、「大厄」と呼ばれます。

厄年の中でも、最も大きな災難が降りかかるとされる年齢です。

厄年は数え年で見る

厄年で注意したいのは、実年齢ではなく、「数え年」で見ていくことです。

数え年とは、生まれた年を1歳として、新年を迎えるごとに1歳ずつ数えていく、年齢の数え方のことです。

母親の胎内にいた時間も、生きてきた月日として考えられるためです。

簡単に数え年を確認するには、誕生日前の人は実年齢プラス2歳、誕生日後の人はプラス1歳で計算すると良いでしょう。

ただし、地域や宗教によっては「旧暦」で数えることもあります。

旧暦の新年は、立春(2月4日ごろ)となるので、現代の暦で立春前が誕生日の方は、生まれ年が前年に繰り上がることになります。

例えば、昭和60年1月に生まれた人は、昭和59年生まれとして扱われます。

2020年の厄年は、こちら↓の一覧表を参考にしてください。

男 性 女 性
前 厄 24歳 1997年/
平成9年生まれ
18歳 2003年/
平成15年生まれ
41歳 1980年/
昭和55年生まれ
32歳 1989年/
昭和64年(平成元年)生まれ
60歳 1961年/
昭和36年生まれ
36歳 1985年/
昭和60年生まれ
本 厄 25歳 1996年/
平成8年生まれ
19歳 2002年/
平成14年生まれ
42歳 1979年/
昭和54年生まれ
33歳 1988年/
昭和63年生まれ
61歳 1960年/
昭和35年生まれ
37歳 1984年/
昭和59年生まれ
後 厄 26歳 1995年/
平成7年生まれ
20歳 2001年/
平成13年生まれ
43歳 1978年/
昭和53年生まれ
34歳 1987年/
昭和62年生まれ
62歳 1959年/
昭和34年生まれ
38歳 1983年/
昭和58年生まれ

気になる方は、厄除け・厄祓いを考えている、お寺や神社で確認しておきましょう。

「本厄」と「大厄」が定められた理由は?

陰陽道が由来という説があるだけに、厄年の災難は、科学的に証明されているわけではありません。

42歳は「死に」、33歳は「散々」という語呂合わせから来た、縁起担ぎという説もあるほどです。

しかし、男女の本厄となる年齢は、身体的にも周囲の環境的にも、人生の節目ともいう出来事が起こる時期でもあります。

 

厄年という概念が普及してきたのは、江戸時代のことと言われています。

当時の結婚年齢や平均寿命を考えると、男女の厄年の年齢は、人生の転機が訪れる時期だったのでしょう。

現代の社会においても、同じような人生の節目が見つかります。

例えば、女性の19歳~男性の25歳というのは、大学生や社会人として活動し始める年齢ですね。

また、女性の30代は、前半と後半に分かれて厄年が続きます。

現代では、出産や育児の時期と重なる人も多いことでしょう。

体力も落ちて、疲れやすくなってくる年齢です。

さらに、親の年齢もシニア層に入り、病気の心配が増えてきます。

人によっては、介護を視野に入れ始める時期かもしれません。

男性の42歳は、それなりの地位に出世した働き盛りですが、同時に大きな責任を背負います。

家庭内においても、思春期の子どもと向き合うことが多い時期。

身体的にも体力や気力が衰える時期に、ストレスや無理が重なってしまいがちです。

突然死のリスクが最も高いのは、30代後半から40代半ばまでの男性だとも言われます。

61歳の男性は、ちょうど定年を迎える時期。

退職後の生活をどうするか、という問題に直面します。

熟年離婚という言葉が流行ったように、生活が大きく一変してしまうかもしれません。

シニア層に入ることで、健康に関するトラブルが増えることも考えられます。

昔も今も、災難にあいやすい年齢であることには、変わりがないようです。

本厄・大厄の年をどう過ごすのか

本厄や大厄で受ける災難は、自分ひとりだけの問題ではありません。

家族にも累を及ぼす可能性があります。病気などが影響することはもちろんですし、仕事の業績、人間関係、金銭問題など、さまざまです。

そのため、厄除け・厄祓いは、家族そろって祈祷に向かうことをおすすめします。

厄除けはお寺、厄祓いは神社で行います。

本厄・大厄の時期は、新しいことを始めるには不向きとも言われます。

しかし、転勤など個人の事情では、どうしても予定変更できないこともあります。

このような場合でも祈祷を受けておくと、「あの時やっておけば・・・」と、のちのち後悔せずに済みそうです。

厄年など迷信!と思っていても、祈祷を受けているだけで、心理的な安心感は生まれます。

家族を安心させる、プラシーボ効果でプラス思考を狙う、といった意味合いでも受けておいて損はありません。

また、厄年があるからこそ、慎重に行動し、健康にも気をつけられると考えることもできます。

日頃の行いで、災難を退けるチャンスなのかもしれません。

前厄の捉え方

「前厄」は、次のように、本厄の1年前の年齢が該当します。

男性:24歳・41歳・60歳
女性:18歳・32歳・36歳

男性の24歳と女性の18歳は、若い時期であるため、スルーされることが多いようです。

また、前厄の捉え方もさまざまです。

  • 災難の前触れの年なので、慎重に過ごさなければいけない
  • 本当の災難は本厄の年に訪れるので、気にせずに過ごして方が良い
  • 大厄の前の年(男性41歳・女性32歳)だけに注意して過ごせば良い

前厄を、どう捉えるかによって、厄除け・厄祓いの頻度も変わってきます。

慎重に受け止める人は、本厄の前後を含めて3年連続で行いますし、あまり気にしない人は、本厄の年だけに集中するようです。

どの捉え方が自分に合っているのかを考えながら、前厄と向き合っていきましょう。

家族と相談しながら決めるのも一つです。

前厄の年をどう過ごすのか

厄除け・厄祓いについては、それぞれの考え方に従って行えば大丈夫です。

前厄は、これから心身に変調をきたすかもしれない時期ですが、重く受け止めすぎて行動を縛ってしまわないようにしましょう。

例えば、厄年でも、結婚することは「厄逃れ」になるとも言われています。

妊娠や出産も、「子どもが厄を落としてくれる」と伝えられているため、むしろ歓迎されています。

前厄の年だからと言って、行動を起こさずにいると、むしろ災難を呼び寄せてしまうかもしれません。

「本厄」のときと同様に「自分の現状を振り返る、良いチャンス」と考えて過ごしていきましょう。

後厄の捉え方

「本厄」の翌年に来るのが、「後厄」です。

男女別に、次の年齢が該当します。

男性:26歳・43歳・62歳
女性:20歳・34歳・38歳

こちらも、さまざまな解釈の仕方が存在します。

  • 本厄の年と同じくらい災難が続く
  • 本厄の年ほどではないが、小さな災難が続く
  • 本厄ですべてが終わっているから災難は続かない

いろいろな捉え方がありますが、まだ災難からは逃れられないと、深刻になりすぎるのも考えものです。

また、安心しきって油断するのも避けた方が良いかもしれません。

武道における残心ではないですが、それなりに引き締めた心で、後厄を捉えてみませんか。

後厄の厄除け・厄祓いは

厄除け・厄祓いに関しては、前厄・本厄と合わせて3年間の祈祷を受ける人もいますし、本厄の年だけという人もいます。

それぞれの解釈の仕方の違いですね。

地域によっては、後厄の次の年に、厄除け・厄祓いを受けたお寺や神社にお参りをすることもあります。

これには、無事に厄が明けたことを報告し、お礼をするという意味合いがあります。

厄明けのしきたりにも差があって、簡単にお参りだけですませる場合や、きちんとしたご祈祷を受ける場合などがあります。

地域の風習、家ごとの決まり、宗教などで違いが出てくるので、調べておくと安心です。

後厄の年をどう過ごすのか

本厄が終わり、災難が徐々に収まって来ている時期と捉え、静かに過ごすと良いですね。

ただし、こちらも必要以上に、消極的にならないよう注意しましょう。

後厄の年の、結婚や妊娠・出産も、幸せに恵まれたこととして進めていけば大丈夫です。

新しい家族を迎えた暁には、お世話になったお寺や神社にお礼参りをして、感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

厄年の過ごし方 まとめ

人生の節目に訪れる厄年は、平成に入っても数え年で見る、珍しいしきたりです。

必要以上に恐れることなく、厄除け・厄祓いをしながら、ゆったりと過ごしていきましょう。

災難に避けるために、慌てず恐れず。

自分の生活を見直すために編み出した、先人の知恵なのかもしれません。

↑↑↑ フォロー&シェアよろしくおねがいします!! ↑↑↑


わたしがなぜ、金運アップの研究をしているかというと、あるきっかけがあったからです。私の友人は、ロト6の攻略をしていました。

ロト6の1等当選確率は600万分の1と言われていますが、数字を自分で選ぶという仕組み上、攻略できるように思えたのでしょう。

しかし、600万分の1っていったら、ほぼ運ですよね。

そこで私が思ったことは「ロト6を攻略するよりも金運を上げたほうが早いのではないか?」ということでした。

そして、金運アップの研究をするうちに、「貧乏には原因と結果がある」ことに気づきます。

これらの原因を追求していくうちに、わたしの心が豊かになり、「金運とはこういうものだったのか」と気づいたのです。

それは「金運アップしてどうするのか?」ということです。

金運アップといってもスピリチュアルなことばかり言われてもわからないでしょ?

金運アップは精神世界のものごとではありません。

現実世界のものなので全ては「原因と結果」があります。

わたしは、これを伝えたいと思い、メルマガを配信することにしました。

開運日カレンダーに十二直、二十八宿、それぞれの吉凶をわかりやすく表示し、簡単に吉凶の判断ができるような新カレンダーを制作しています。

これに伴い、「開運日カレンダー」はメルマガ会員限定のサービスとさせていただくこととなりましたことをご了承ください。