新月~秘められた特別なパワーを財布に封じ込める~

輪郭だけを描き、うっすらと夜空に浮かぶ新月。

よほど注意をしていなければ、存在を見過ごしてしまいます。

しかし、儚く見える姿の内側には、驚くべきパワーが秘められています。

新月だけが持つ特別なパワー、財布にも封じ込めてみませんか。

 

新月に秘められた特別なパワー

月の始まりの日である「ついたち」は、「月立ち」が由来だと考えられています。

意味は、「月が現れる」こと。

新月が現れる日を、月の初日と定めていた旧暦での表現です。

夜空に現れた新月は、そのまま太陽の光を受けて、三日月、上弦の月、満月と成長していきます。

新月には、「始まりの力」「成長する力」が秘められているのです。

また、成長しきった月は、じょじょに細くなり、再度真っ暗な新月に戻ります。

このことから、それまでの流れを断ち切り、「再生する力」も持つと考えられています。

悪い流れを止めたい方や、新たな挑戦を始めたい方は、新月のパワーにあやかってみましょう。

金運面でいえば、お金が貯まらない状態を断ち切り、お金を成長させる方向に持っていくパワーが期待できますね。

月齢

 

新月パワーを財布に封じ込めるには

新月のパワーを封じ込めるためには、次の手順で財布を準備していきましょう。

1 新しい財布を買う

パワーを封じ込めるための財布は、新しいものが望ましいようです。
財布の種類は、とくに決まっていないので、好みのものを準備しましょう。
開運財布などを使ってみるのも、心強いかもしれませんね。

⇒ 運気がアップする風水財布の選び方と購入時期カレンダー~生活環境で色と素材を選ぶ~

2 理想の金額を財布に覚えさせる

買った財布の中に、「常にこれぐらいは入っていてほしい」という額のお金を入れておきます。
お金が入った状態が当たり前であることを、財布に覚えてもらうためです。
お金を入れたまま静かに寝かせて、新月の日を待ちましょう。

⇒ 種銭(たねせん)邪気と浄化~仲間を呼び込むお金の性質~

3 新月の日に財布を使い始める

新月の日に、新しい財布を使い始めることで、パワーを封じこめることができます。
始まりと成長の力を宿した財布は、支出があっても、あらかじめ覚えさせておいた「お金が入った状態」を保つ効果を発揮するようになります。
新月の日が、雨や曇りの場合でも心配ありません。
新月パワーは、しっかりと地上に届いているので、安心して使い始めてくださいね。

⇒ 財布の使い始めに最適な金運吉日とは!? ~風水に学ぶ寝かせる場所~

 

相乗効果で金運アップ

新月新月パワーだけでも効果がありますが、他の金運アップの方法を組み合わせるのもオススメです。

天赦日(てんしゃにち)」「一粒万倍日(いちりゅうまんばいにち)」「寅の日(とらのひ)」「巳の日(みのひ)」「大安」は、金運上昇の効果がある吉日。

これらの日に財布を買っておくと、さらに金運パワーが強まると言われています。

また、満月にも金運を上昇させる力が秘められています。

満月が持つ「満ちる力」を、財布に宿らせる方法もあります。

 

新月~秘められた特別なパワーを財布に封じ込める~ まとめ

「始まりの力」「成長する力」「再生する力」を秘めた新月。

起死回生の逆転を狙うにも適している日なので、思い切った勝負事に挑戦する人も多いようです。

大穴馬券がよく売れそうな日ですが、堅実に、財布でお金を成長させましょう。

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ