大安~万事における吉日を財布に利用する~諸葛孔明が広めた六曜

日本人にとって、もっとも身近な吉日といえば、六曜の「大安」ではないでしょうか。

結婚式のイメージが強いですが、「万事よし」を意味するので、何をしても吉の日と言われています。

もちろん、金運も例外ではありません。

大安のご利益を、財布にも引き込んでみましょう。

 

日本の六曜と諸葛孔明

諸葛孔明六曜とは、カレンダーに記載されている、「先勝(せんしょう)、友引(ともびき)、先負(せんぶ)、仏滅(ぶつめつ)、大安(たいあん)、赤口(しゃっこう)」のこと。

暦の吉凶日を判断する、暦注の中の一つです。

「六曜という名前だったのか!」と驚く方も多いかもしれませんね。

この六曜を発明し、広めたと言われているのが、諸葛孔明(しょかつこうめい)です。

しかし、三国志の名軍師がルーツなら、さぞ古くから日本に浸透していたのだろうと思いきや、一般的になったのは明治時代になってから。

明治政府が、他の暦注を禁止するなか、ただ一つ存続できたのが六曜でした。

新しい時代を迎えても、吉凶日は注意したいという心理は変わらなかったのでしょう。

六曜は、一般庶民のあいだに、浸透していくことになりました。

 

六曜の吉日は「大安」

大安六曜には、仏滅は忌み日、友引は友を凶事に引いていくなど、それぞれの意味があります。

大安の意味は、「万事よし」や「大いに安し」。

何をするにしても吉となる、最大の吉日です。

結婚、棟上式、引っ越しなど、大安を選んで行うと良いことは、たくさんあります。

ただし、あまりにもめでたいため、通夜や葬式を行う日としては適していません。

冠婚葬祭のうち、「葬」にまつわる事柄は、避けたほうが良いとされています。

金運面においては、「万事よし」の意味どおり、効果を発揮します。

大安の開店で、商売繁盛を願い、宝くじの購入で一攫千金を狙うなど、大安の利用法は様々です。

 

大安のパワーを財布にも

大安大安は、財布の購入日としてもおすすめです。

大安の日に買ったり、使い始めたりすることで、吉日のパワーをまとい続けると考えられています。

また、大安の日は、他の暦注の吉日のパワーとかけ合わせることができます。

江戸時代にポピュラーであった、「天赦日(てんしゃにち)」「一粒万倍日(いちりゅうまんばいにち)」「寅の日(とらのひ)」「巳の日(みのひ)」といった吉日は、六曜とは定め方が異なるため、吉日が重なることがあるのです。

例えば、天赦日や一粒万倍日は、「節切り」という定め方で、二十四節気を基準にしています。

対して、六曜は「月切り」という定め方。

旧暦の一日目の六曜が固定され、「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」の順に巡るようになっていました。

この吉日の重なりを上手く利用することで、財布の金運アップ効果も倍増することでしょう。

他の暦注を記したカレンダーなどを活用して、最高の財布購入日を見つけてみましょう。

 

大安~万事における吉日を財布に利用する~諸葛孔明が広めた六曜 まとめ

六曜の別名は「孔明六曜星」。名軍師の名前がついているだけでも、大安の効果が期待できそうですね。

他の吉日の効果も上乗せすると、財布のご利益も倍増&長続きすることでしょう。

しろ

しろ

当サイト管理人の「しろ」と申します。

私は各地の社寺をはじめとするパワースポットを巡っていましたが、パワースポットからのパワーとロト6などの宝くじとの密接な関係を感じるようになり、以前より興味があった風水に関心を持ちました。

それまでは、部屋の配置や色などを参考にしてきたのですが、これらはお金に最も近い財布にもあてはまることに気付くことができたので、みなさんにも最も金運に恵まれる財布の選び方や使い方を知ってもらいたいと思い、紹介しています。
しろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ