厄年の風習と贈り物|長寿を意味する「長いもの」が良い理由

多くの災難が降りかかると言われる厄年。

とくに男性の42歳と女性の33歳は、本厄と呼ばれ、災難に見舞われる可能性が特に高いと言われています。

災いを回避するために、身につけておくと良いと言われるのが「長いもの」。

贈り物としてもらうと、とくに効果が高まることから、厄年の方へのプレゼントとして選ばれています。

なぜ「長いもの」が良いのか

長いものは、「長寿」につながる意味を持ちます。

厄年の風習は、平安時代の昔から存在するもの。

現在の平均寿命とは、比べ物にならないくらい、当時の人は短命だったのです。

平均寿命を50年とすれば、男性の42歳と女性の33歳は、人生の終焉に近づいている時期ですね。

語呂合わせでも、「死に」と「散々」と、不吉な意味を持たされる年なので、確かに「長いもの」で長寿を願いたくなってしまいます。

「長いもの」で長寿を祈る風習は、厄年だけに限らず、大晦日の年越しそばなどでもみられます。

また、中国にも似たような思想があり、「長寿麺」という麺を誕生日に食べる風習があります。

長寿に対しての願いは、昔から、とても強いものだったのですね。

どんな物が選ばれるのか

厄年の人への贈り物としては、日常的に使いやすいものが人気です。

男性であれば、ネクタイやベルトですね。

余分に持っていても邪魔になるものではありませんし、普段使いにも便利です。

女性への贈り物であれば、スカーフやネックレスが、よく選ばれます。

こちらも、かさばる物ではありませんし、気軽に身につけやすいものですね。

寒い時期であれば、マフラーやストール。

小物では、時計や長財布なども喜ばれます。

また、「7色のもの」や「ウロコ模様のもの」も、厄除けの意味を持つので、これらを組み合わせた物も人気です。

「安心」できることが大事

厄年に見舞われるという災難は、科学的な根拠に基づいたものではありません。

ただの迷信と思う人も多いかもしれません。

しかし、「災難に見舞われやすい年」という考え方は、世界中でも見られます。

また、厄年の時期は、体調や身の回りの環境が変化しやすい時期でもあります。

「長いもの」を身につけて、「守られている」という安心感を持つだけでも、心に余裕が生まれてくるのではないでしょうか。

贈り物は、「あなたの身を案じているのだ」と、伝える行為でもありますね。

心配してくれる誰かがいるだけでも、心強いものです。

厄年の風習と贈り物|長寿を意味する「長いもの」が良い まとめ

厄年は、古くから存在するだけでなく、世界中にも似たような風習が見られます。

それだけ長く広く守られてきたということは、人間にとって何らかの「意味」があったからだと考えられます。

「長いもの」を贈ること、実践してみてはいかがでしょうか。

わたしがなぜ、金運アップの研究をしているかというと、あるきっかけがあったからです。

私の友人は、ロト6の攻略をしていました。

ロト6の1等当選確率は600万分の1と言われていますが、数字を自分で選ぶという仕組み上、攻略できるように思えたのでしょう。

しかし、600万分の1っていったら、ほぼ運ですよね。

そこで私が思ったことは「ロト6を攻略するよりも金運を上げたほうが早いのではないか?」ということでした。

そして、金運アップの研究をするうちに、「貧乏には原因と結果がある」ことに気づきます。

これらの原因を追求していくうちに、わたしの心が豊かになり、「金運とはこういうものだったのか」と気づいたのです。

それは「金運アップしてどうするのか?」ということです。

金運アップといってもスピリチュアルなことばかり言われてもわからないでしょ?

金運アップは精神世界のものごとではありません。

現実世界のものなので全ては「原因と結果」があります。

わたしは、これを伝えたいと思い、メルマガを配信することにしました。

開運日カレンダーに十二直、二十八宿、それぞれの吉凶をわかりやすく表示し、簡単に吉凶の判断ができるような新カレンダーを制作しています。

これに伴い、「開運日カレンダー」はメルマガ会員限定のサービスとさせていただくこととなりましたことをご了承ください。