厄除け・厄払いの適切な時期と服装|いつ受ければ良い?

厄年に入るのは、誕生日を迎えたその日ではなく、数え年で計算します。

数え年とは昔の年齢の数え方のことで、生まれたときを1歳とします。

それ以降は、新年を迎えるごとに、1歳年をとります。

つまり、本厄にあたる年の1月1日には、すでに厄に入っているということです。

地域によっては、旧暦で厄年を計算するところもあります。

そのため、立春までは、厄除け・厄祓いに非常に重要な時期となります。

厄年に入った方は、いったいどのタイミングで厄除け・厄祓いを行えば良いのでしょうか。

厄除け・厄祓いのタイミングと新旧のお正月

厄除けと厄祓いの違いは、お寺で受けるか神社で受けるか、という場所の違いによるものです。

どちらも、新年になると、初詣でお世話になる場所です。

厄年に入った方は、初詣に合わせて、ご祈祷を受けることが多いようです。

会社も休みで、有給などを消化せずにできるタイミングなのが、ありがたいですね。

また、旧暦の新年は、現在の立春(2月4日ごろ)の時期です。

そのため、節分の時期に厄除け・厄祓いを行う方もいます。

豆などを投げて鬼を祓う行事が、「厄を祓う」という意味に通じることも大きいようです。

しかし、新年から節分までのタイミングを逃すと、厄除け・厄祓いができなくなるということではありません。

厳格に、「ここまで」という期限が決められているわけではないので、自分の都合の良い日に合わせても大丈夫です。

暦注が気になる方は、神吉日大安の日を選ぶと良いでしょう。

三大厄除け大師など、厄除け・厄祓いで有名なお寺や神社の場合、「厄除け大師大祭」のような名称で、いつもより多めに祈祷を受け付けている時期があります。

ようするに、厄除け・厄祓い集中月間ですね。

現在は、ネットの普及により、お寺や神社からの情報を直接得ることが可能になりました。

有名なところでは、必ずといっていいほど、ホームページやSNSで情報を発信しています。

気になるお寺や神社があれば、チェックしておいてはいかがでしょうか。

厄年に関係なく厄除け・厄祓いはできる

厄年は、あくまでも「災難にあいやすい気をつけるべき年」のこと。

しかし、災難は、厄年だけを狙って訪れるわけではありません。

厄年とは関係ないのに、思いもよらない怪我に見舞われる、大病を患う、身内に不幸が起きるなど、悪いことが続けて起こると不安になります。

このような場合は、「まだ災いが続くのでは?」と心配するよりも、思い切って厄除け・厄祓いを行うのもひとつです。

「厄年でなければお願いできないのでは?」と、考える方もいます。

しかし、こうした災いを退けるためのご祈祷は、けっして間違ったものではありません。

お寺や神社に相談をすれば、引き受けてくれることでしょう。

次にくるかもしれない災いを恐れたままでは、訪れたチャンスも生かせず、実力も発揮できないかもしれません。

なにより、心安らかに毎日の生活ができるということは、とても大切なことです。

厄除け・厄祓いが、心の安寧を取り戻すきっかけを与えてくれるのはないでしょうか。

厄除け・厄祓いにふさわしい服装は

厄除け・厄祓いの祈祷は、10~20分ほどで終了します。

予約なしで訪れた場合、混んでいると待ち時間が発生することは考えられます。

どのお寺や神社も、基本的に予約なしでも行ってくれますが、事前に確認しておいた方が無難でしょう。

ご祈祷の時間は、それほど長いものではないため、服装にはこだわらない方も多いかもしれません。

また、「このような服装でなければいけない!」と、厳格に定められているわけでもありません。

しかし、神様や仏様にお願いにあがる立場ですから、ある程度しっかりした服装で赴くようにしたいものです。

男性はスーツにネクタイ、女性はスーツ・ワンピース・襟付きの服など、社会人として当たり前の範囲の服装で充分です。

「華美になりすぎない」「露出しすぎない」という点に注意して、準備するとよいでしょう。

一部のお寺や神社では、「スーツでお願いします」と、服装を指定するところもあります。

厄除け・厄祓いを予定している、お寺や神社に事前に問い合わせて、確認しておくと安心です。

最近では、ホームページを持つところも多いので、そちらからアクセスすることも可能です。

また、会社の行事の一貫として、祈祷を受けることもあります。

この場合は、仕事関係のため、スーツが適当でしょう。

ただし、こちらも事前確認はしっかりとしておきましょう。

厄除け・厄払いの適切な時期と服装|いつ受ければ良い? まとめ

厄除け・厄祓いは、新年から節分にかけてのタイミングで受ける人が多いようです。

しかし、この時期を逃したらからといって、諦めることはありません。

時期に関係なくできますし、厄年でなくても受けることができます。

服装は、最低限のマナーを守れば大丈夫でしょう。

穴があいた靴下やストッキング、汚れが目立つ靴など、足元がおろそかになりがちなので、この点も注意してください。

ご祈祷は、一人だけでなく、他の人と一緒に受けることが多いですよ。

わたしがなぜ、金運アップの研究をしているかというと、あるきっかけがあったからです。

私の友人は、ロト6の攻略をしていました。

ロト6の1等当選確率は600万分の1と言われていますが、数字を自分で選ぶという仕組み上、攻略できるように思えたのでしょう。

しかし、600万分の1っていったら、ほぼ運ですよね。

そこで私が思ったことは「ロト6を攻略するよりも金運を上げたほうが早いのではないか?」ということでした。

そして、金運アップの研究をするうちに、「貧乏には原因と結果がある」ことに気づきます。

これらの原因を追求していくうちに、わたしの心が豊かになり、「金運とはこういうものだったのか」と気づいたのです。

それは「金運アップしてどうするのか?」ということです。

金運アップといってもスピリチュアルなことばかり言われてもわからないでしょ?

金運アップは精神世界のものごとではありません。

現実世界のものなので全ては「原因と結果」があります。

わたしは、これを伝えたいと思い、メルマガを配信することにしました。

開運日カレンダーに十二直、二十八宿、それぞれの吉凶をわかりやすく表示し、簡単に吉凶の判断ができるような新カレンダーを制作しています。

これに伴い、「開運日カレンダー」はメルマガ会員限定のサービスとさせていただくこととなりましたことをご了承ください。